asobi_onigokko_girl
103: おさかなくわえた名無しさん 2019/07/03(水) 15:06:31.05 ID:jJAUHXVmK
小学生の時、クラスに転校生が来て、好きなもの(漫画とかアニメとか)が一緒で友達になった。
彼女は何というか、しゃべれない子だった。
言いたい事はあるんだけど、それがうまく言えないみたいで、こちらを一生懸命見つめるのみって感じ。
まあ大体状況で言いたい事はわかるし、交換日記では超饒舌だったからそういうもんかと思ってた。

次第に彼女が何か言いたいのを私が察して、周りに伝える流れが出来て、グループ行動でも休み時間もクラブも放課後も、常に一緒になった。
泳げない彼女の為に顔を水につける所から教えたり、他の人との遊びに誘ったり、朝起きられない彼女の為に家まで迎えに行くのも私だった。
彼女がいじめにあった際も、かばって他のグループと引きあわせたりした。趣味が同じ子とも会わせてみた。
アイコンタクトと相槌から、ぽつぽつと会話が成立するようになっていった。彼女の家族には「あの子にやっと友達が出来た!」と喜ばれた。

そんなこんなで彼女が来てから半年ほどたった時、私の転校が決まった。(もともと行きたかった学校に空きが出来て中途で入学できる事になった)
それを知った時、彼女は泣いた。声もなく延々と泣き続けた。
交換日記には「私ちゃんがいなくなるのはつらい」「これからどうしたらいいかわからない」「転校しないでほしい」など、そんな言葉が並んでいた。
家は同じ町内だった(転校先は市内の学校)から、転校しても交換日記は続けることにして、私は女子グループの子たちに彼女を託し、転校していった。
つづく



104: おさかなくわえた名無しさん 2019/07/03(水) 15:08:53.88 ID:jJAUHXVmK
つづき
時はたち、私は小学校と併設されている中学に、彼女は地元の中学に進んだ。交換日記は細々と続いていて、時々会ったりもしていた。
高校は一緒の学校に行けたらいいねとか、そんなやりとりもしていた。
進学先を決める時期になり、私は第一志望に家から一番近いA高校(市内の公立)、第二志望にB高校(市内の私立)を選んだ。
彼女にも会って報告した所、彼女はC高校(市内の公立)とD高校(市内の私立)を受験するつもりと言われた。

まったく志望校がかぶらないねーと笑い、彼女ちゃんと同じ高校にいけたら楽しかったのになーと言った。
それに対して、彼女は「A高校もB高校もレベルが低いから、先生が頑張ればC高校で大丈夫っていうから…」
A高校はレベルが低いと言っても底辺高校ではない。県内では中堅レベル。偏差値もC高校と同ランク。
B高校は大学付属の女子高で、こちらも中堅レベル。そしてD高校はお金さえ払えばだれでも入れると有名な学校。
市内の高校を見学してまわったり、先生や先輩に相談した結果、自分の成績と進学傾向(成績上位者になれば目的の大学に推薦可とか)、校風で一番納得いった学校を選んだつもり。
対する彼女は、聞けば学校見学などには一切行かず、先生に決めてもらったらしい。(D高校はあくまでも滑り止めでここ受けとけば?と言われて決めたとか)
いや、そんな大事なこと任せっきりで大丈夫なの?と聞いても困ったように目線を送るだけ。
ごめん、まだつづく

105: おさかなくわえた名無しさん 2019/07/03(水) 15:09:34.18 ID:jJAUHXVmK
最後
そういえば、彼女は自分から何かを決めるという事をしない子だった。
私が彼女以外の子と遊んだ時も、後から「一緒に遊びたかった」と交換日記に書いて伝えてきた。
常に私の近くにいて、何かある時に私から声をかけられるようスタンバイしていた。
いじめられていた彼女をかばって私がいやがらせをされても、彼女はおろおろと遠くから見ているだけだった。(後で交換日記でひどかったね!とか書いてた)
夏休みのラジオ体操、毎日集合時間より前に彼女の家に迎えに行っても、起床できずに結局一人で参加していた。
パソコンでお絵かきに夢中で夜寝るのが遅いという理由に脱力した。
彼女に友達を紹介したことはあっても、彼女が誰かを紹介したことはなかった。
約束ごとのあった日、楽しみにしてる、絶対行くね!と言った彼女の為に体調悪いのをおして行ったら、本人は熱が出たとあっさり欠席だった。
いつも彼女は受け身で、私は何かを提供する側だった。
普通、友達って、困ったときにお互いに助け合うものなんじゃないのか?
これって、友達っていうのかな?と思った時、急に彼女の友達でいる事がしんどくなった。
じゃあお互い受験に専念しようと言って別れた。

最後にちゃんと会話したのは、第一志望の合格発表の日。
「受かってたらいいね」と笑ってそれぞれの発表場所へ向かった。

4月、私はA高校、彼女はD高校へ入学した。
D高校はバスで1時間以上かかるため、彼女と通学時間が被ることはなかった。
ただ、私が登校している時に、バス停(歩いて10分以内)まで自転車で激走、乗り捨ててバスに飛び乗る姿を度々見かけたので、相変わらず朝弱いんだな…と思った。
交換日記はこの頃完全に終わった。少しほっとした。

今になって思えば、彼女に対して全部やってあげるのではなく、自分でできるように促すことも必要だったのかなとも思うが、そんな事までする必要あるか?と考える時もある。

引用元: ・友達をやめるとき134




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2019年11月07日 15:00 ID:kidanmatome