man_shock

272: おさかなくわえた名無しさん[] 2018/12/24(月) 16:58:58.14 ID:+hnXpja+.net
もう何年も前の話だけど、行きつけの飲み屋に来る常連Aさんがスレタイ
俺より1歳年上なのに、この店では自分の方が新参だからって、いつも腰が低かった
いつもニコニコしてて、酒癖の悪い常連の爺さんが絡んだ時でさえ、笑っていなしてた



ところがある日、滅多に来ないママさんの古い馴染みの客Bが来たときが凄かった
その客Bはかなり身長が高く、ガタイが良いのに自信があるのか、常に横柄な態度だった
そして、いつも酔っぱらって誰かに喧嘩を吹っかけて、最後には脅して相手を土下座させていた

その日は俺の他にはAさんともう一人の3人がカウンターで飲んでいたが、
後ろのボックスにいたBがいきなりAさんに絡んできた
Aさんは最初の間はいつものようにニコニコと躱していたが、Bが殴り掛かった瞬間表情が変わった

273: おさかなくわえた名無しさん[] 2018/12/24(月) 17:01:47.09 ID:+hnXpja+.net
俺はBを止めようと席を立とうとしたが、Aさんは目にも見えない速さでBを倒していた
Aさんは倒れたBに少しも容赦せず、さらにBの顔面を踏み続けていた
その間は誰もAさんを止めることができず、Bの顔面がみるみる血に染まっていくのを見続けるだけだった

そのうちBが動かなくなったので、Aさんは攻撃を止めてBを店の外に引きずり出した
かなり長い時間だったように思えたが、実際にはほんの2・3分だった
店の女の子は泣いているし、ママさんは茫然としていたが、暫くするとAさんが店に帰ってきた

Aさんはママさんに雑巾を借りて、飛び散った血を淡々と拭っていた
俺は「Bはどうなったの?」と聞いたが、どうやらAさんはタクシーを捕まえてBを乗せたらしい
その後、Aさんは黙々と後片付けをして、みんなに深々と頭を下げ、万札を何枚か置いて出て行った

ママさんはAさんを追いかけて出て行ったが、俺は怖くて後を追えなかった
数分後、ママさんは泣きながら帰ってきたが、Aさんについて何も話してくれなかった

277: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/12/24(月) 17:14:46.94 ID:tUcJwv0K.net
そういや昔とある喫茶店の常連だったんだが、時々来るおっちゃんが仁義なき戦いのモデルになった人だと後から知って驚いた
いつもニコニコしてるんだが、顔も体もガッチリして声は金属をすり合わせたような濁声でバナナの叩き売りみたいな声なんだけど、笑い声が腹から出るような低い声
何か雰囲気が普通の人とは違うなとは感じたけど
当時は既に気質になってたそうだが、空気が普通の人ではなかった
あれから数十年経って、何度かその筋の人や幹部の893と会ったりしたこともあるが、あの空気を持つ人は後にも先にもあの人だけだった

279: おさかなくわえた名無しさん[] 2018/12/24(月) 18:02:58.02 ID:+hnXpja+.net
>>277

272だけど
そのAさんはDQNでも893でもなくて、ホントに普通のサラリーマンだった
体格はがっしりしてたけど、ものの言い方や言い回しも丁寧だった
仕事も確か総務か経理で、一日中デスクワークしてるって言ってた

あんな普通の人が怒るとあんなに恐ろしいとは夢にも思わなかった

283: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/12/24(月) 20:20:57.86 ID:QYNNzGMK.net
>>279

口ではそういうだろうけど、実際は違うんじゃあないの?
倒れた相手の顔面を動かなくなるまで攻撃するって、武道やスポーツと違う、ヤクザがよくやる喧嘩殺法じゃない。

引用元: ・今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 174度目




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年12月28日 15:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事