man_shock

92: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/10/20(土) 13:55:44.43 ID:Qqu6vhl8.net
「イジメの時間」という漫画を読んでて思い出した話。
もう10年以上たってるので、時効だろうし書いてみる。
坊ちゃん学校である部活にいたころ。
競技成績は良いのだけど、ダメな奴を馬鹿にする甲君と、
競技成績が良くないことでいつも彼にdisられている乙君が同学年にいた。


部活内では、甲はよく乙を「いじめている」ことを笑いながら公言していた。
でもそれまで、部活内でしかdisりはなかった…と思う。俺が見た限りでは。
なので、ほかの部活に所属してる甲乙や俺と共通の友人たちは、
そういう事情は何も知らなかったはずだ。

だけど授業前にだべってた時、甲がサッカー部とかの大勢の前で、
乙のことをまた馬鹿にし始めた。こないだの大会でも~とか言ってたんだと思う。
乙は目を伏せたまま曖昧に笑ってたが、そこで妙な動きをした。
それまで甲の側を向いてたのに、なんか体を45度くらい傾けて。
俺は「さすがに言い返せばいいのに…逃げるの?なんで怒んねーんだ」
って思ってたが、いきなり無言のまま…乙が甲の左肋骨を蹴った。
つま先で。変な音がした。そして、またも無言のまま側頭部に肘打ち。また変な音がした。
止める間もなかった。黄河そのまま頭を押さえて倒れ、乙はさいごまで無言のまま席に戻った。
甲が起き上がって反撃するのかと思ったが、彼はいきなりヘタレ化して
「そんな怒んなよ…冗談じゃん」などと小さな声で話して、それ以上動かなかった。
大丈夫か?と尋ねたが、返事がない。顔に変な汗が出ていた。
そこで休み時間が終わって、普通に授業が始まった。
その日は部活が休みで、次の土曜日の練習には、乙しか来なかった。
彼に尋ねたが、「知らない。死んだんじゃない?」という回答。
後で知ったが、その解答は「当たらずとも遠からず」だった。
肋骨骨折で入院、折れた骨が肺に刺さったとかで、まぎれもない傷害。
老人とか弱い人だったら死んでてもおかしくなかったと後で聞いた。
甲が回復した後もトラブルは続き、お互いの家族を巻き込んで大騒ぎになった。
運動部相手にイジメ仕掛けるのは危うい。
93: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/10/20(土) 18:38:14.51 ID:j6vNglik.net
作り話じゃない…よね?
臨場感があってこわい

94: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/10/20(土) 19:46:37.61 ID:L+Y38RUT.net
調子こいたいじめっこが反撃をくらい
大ケガした話か

95: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/10/20(土) 20:28:32.16 ID:c314i1qE.net
大騒ぎになってからどう決着したのか気になる

96: おさかなくわえた名無しさん[sage] 2018/10/20(土) 23:37:50.64 ID:rgPw5il/.net
反撃した子が不利な状況になった結末が見える…

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ 40話目




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年10月27日 10:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事