赤面女性

734: 彼氏いない歴774年[sage] 2009/11/26(木) 22:12:12 ID:qEeTNnx/
会社の飲み会の帰りに友人を見かけた。
親しい友人だったので、同僚の輪から離れ駆け寄り
「久しぶりー! 超偶然だねー! 相変わらず肌スベスベじゃんwww」
と満面の笑みで酒くっさい息を吐きかけた。
しかしどうも友人の様子がおかしい。



いつもなら「うはw偶然wちょ、顔触んなよwww」と返してくれるのに
亡霊にでも会ったかのように表情をこわばらせて目を逸らしている。
ヤバイ! よく見たら別人だ!! と、気付いてすぐ
「人違いでした」と離れれば良いのに、何故か後に引けなくなってしまい
「えーやだ、忘れちゃった!? ほら去年の飲み会でさあ隣に座ってさぁ!!」
とまくし立てた。当然「え……いつですか?」と困惑する被害者。
「冬頃の飲み会でさーほらっ、ちょっと意気投合したじゃん!!」
同僚たちも異変を察知しこちらを振り返って見ている。
ここは可及的速やかに何事もなかったかのように戻らねば…と焦った私は、
「まあ、あの時は酔ってたもんねw
覚えてないのに急に声かけてごめんね!
本当に、申し訳ありませんでした。」
と、お手本のように深々とお辞儀をしてそそくさと同僚の元に戻った。
優しい皆は何も聞かず何にも触れず駅まで歓談してくれました。
あの時の女の子にも、気まずい思いをさせた同僚にもごめんなさい…。

741: 彼氏いない歴774年[] 2009/11/27(金) 01:04:35 ID:bIRQg9av
>>734

これは死にたいwwww

引用元: ・今思い出しても死にたくなる思い出17




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年10月10日 22:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事