がっかり

243: 名無しさん@おーぷん 2015/01/17(土)20:03:13 ID:llH
実家に住んでいたころ、母親から「きったない、くっさい、ブタ」と言われて暮らしていた。
理由は、わたしの部屋が散らかっていたから。
学校でもらったプリントやノートが部屋中に散らばっていた。
どうしてきれいにできないのか、実家にいたころはわからなかった。
汚い、臭いと言われるのは嫌だった。母親から嫌われていることがつらかった。



ひとり暮らしをして、持ち物を減らしたら、
そこそこ部屋をきれいに維持できた。
実家にいたころ、入りきらない容量の要らないものが、
わたしの部屋を埋め尽くしていて、片づけられなかったんだと最近気づいた。
すでに一人暮らしをして5年近くになる。

母親は、古い勉強用ノートや教科書、テスト(小テスト含む)を捨てるなと言い、
ゴミに出そうとすると、怒鳴りつけてわたしの部屋に戻した。
たった十冊程度の手書きの趣味ノートを、
「なぜこれ(古いノート)を捨ててそんなものを残すんだ!」と怒鳴ったこともあった。

244: 名無しさん@おーぷん 2015/01/17(土)20:03:42 ID:llH
13歳くらいまで、わたしは母親からよく叩かれていた。
なんでも、わたしのせいだった。大抵のことはわたしが悪いことになった。
クラスの男の子が教室で突然悪ふざけをしてわたしにぶつかり、そのせいで右目を失明しかけたときも、
「あんたがぼーっとしているのが悪い」と言われた。

母はすぐ怒鳴るから、父は母と大事な話をしたがらなかった。
怒鳴りあいが聞こえるとわたしは泣いた。
ある日、泣いているところを父に見られた。父は謝ってわたしの頭を撫でた。
しばらくして、
「あんたが泣くから、お父さんが話し合いをしないと言った。あんたが悪い。
 あんたさえいなければ。あんたのせいで幸せになれない」
と言われた。

実家に住んでいたころは、どうとも思わなかった。
わたしは、父のことも母のことも好きだった。
特に母のことは大好きだった。勉強を頑張っていたのも、母に喜んでほしかったからだった。
ほめてほしかったのもあるけれど、
「お母さんもうれしい、がんばっているね」と言ってほしかったのだと思う。
要は認めてほしかった。

245: 名無しさん@おーぷん 2015/01/17(土)20:04:06 ID:llH
わたしは大抵の教科で80点以上を取っていた。
いつも「間違ったところをできるようにしなさい」「次はもっと頑張りなさい」と言われていた。
あの家で暮らしていた時、わたしは頑張り続けていた。
家では何をしても怒鳴られて嫌味を言われ、
唯一怒鳴られずにほめてもらえる可能性があることは、勉強して結果を出すことだった。

母の目標はおそらく「偏差値の高い高校・大学に入った、ブランド物の娘を持つ」ことだったが、
わたしは「母を喜ばせつづけること」を目標としていた。
母の目標は達成されたが、わたしの目標はいつまでも達成されなかった。

わたしが小学校低学年の頃ぐらいから、
母はわたしに、「宝くじが当たったら離婚する」と言い聞かせていた。
その実際の確率は、わたしにとって問題ではなかった。
「わたしを含む家族と『かかわりを持ちたくない』と強く考えている」という意思表示だと感じた。
小さいころは明確に言語化できていなかったが、
強い不安をいつも感じていた。

246: 名無しさん@おーぷん 2015/01/17(土)20:05:05 ID:llH
大人になった今、思うのだけれど、
母は何を思ってわたしに「離婚する」と言い聞かせていたのだろう。
真顔でうつむいて聞いている、小さい子どもの顔を、どんな気持ちで見ていたのだろう。
わたしはいい子にしているつもりだった。
どうして、あんなに毎日怒鳴られたり、嫌味を言われていたのだろう。
わたしが家を出て、母は幸せを感じることができたのだろうか。

年明けに会ったとき、わたしの血色の悪い指を見て、
母は「垢がたまってるんじゃないの」と言った。
実家で暮らしていたころ感じでいた、なんともいいようのない感覚を、
久しぶりに思い出した。

わたしはもう汚くも臭くもない。

わたしは母に幸せになってほしい。
同時に、母が憎い。

247: 名無しさん@おーぷん 2015/01/20(火)10:11:42 ID:5wg
テストいい点数とれたら、資格取得などで自立も可能だったでしょう
ママの愛情が向いてほしいのだろうけど、ママもただの血がつながっている考えが違う別個の人間だからね
ママから離れて自分の考えで歩くようになれば、楽になるときあるよ

引用元: ・【愚痴れ!】吐きだめスレ@おーぷん2ch【叫べ】




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2021年01月22日 14:00 ID:kidanmatome