alcohol-3018623_960_720

959: 名無しさん@お腹いっぱい。[] 2018/01/30(火) 20:09:10.65 ID:iYMyOCoc0.net
居酒屋の看板娘と仲良くなって今に至る



960: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2018/01/30(火) 21:33:58.41 ID:hf09XPQjn
>>959

おうおう、kwskせえや

995: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2018/02/17(土) 21:58:56.12 ID:23T4AL5U0.net
>>959
だが、徒歩圏内に居酒屋ができて
喜び勇んで行ったら、そこで嫁がバイトしてた。

客層は平均50歳くらいの小さい店。
そこで20代後半の自分と嫁が出会った。
常連さんに冷やかされながら、惹かれあって結婚。

現在は6か月の息子を溺愛している。

996: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2018/02/17(土) 22:08:15.33 ID:6qdz0t2R0.net
俺も溺愛してくれ
オメ!

997: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2018/02/17(土) 22:08:15.91 ID:0mFgVEpo0.net
>>995

長文でkwsk

998: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2018/02/17(土) 22:23:24.20 ID:23T4AL5U0.net
>>996

あざっす
>>997

自分語りになるけどいいか?

999: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2018/02/17(土) 22:41:22.70 ID:0mFgVEpo0.net
無問題

1000: 名無しさん@お腹いっぱい。[sage] 2018/02/17(土) 23:13:08.82 ID:23T4AL5U0.net
>>999

近所に居酒屋が出来た。家から徒歩三分。
これは嬉しい。

ふらふら出かけてみるも、初めて入る店は緊張する。

引き戸をガラガラ開けると、店内が一瞬静かになった。
小さい街の小さい居酒屋。オープンして間もない店内は店主の知り合いばかり。

こちらに注目する客の視線は無言のまま「誰だ?」と問いかけているようだ。
後悔しつつ歩みを進めると、女将さんがにこやかにカウンターに案内してくれた。

腰かけて飲み物のメニューに目を通し、冷たい日本酒を頼むと
「最初から日本酒なんて、お強いんですね」と女将さん。
お通しの小鉢が置かれるのと同時に、グラスが差し出された。

その手のほうを向くと、一升瓶を抱えた女性が立っている。
「どうぞ」と酌をしてくれた。

これが嫁との出会い。

引用元: ・【昔を】みんなの馴れ初めをおしえて【思い出して】 その22




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年06月09日 03:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事