woman-1958723_960_720

名無しさん様よりご投稿いただきました。
ありがとうございますm(_ _)m

[投稿日時] 2018年05月28日 19:48
子供の頃親の転勤について行って地方でしばらく暮らした。
今では虐めに対して社会が許さないが当時は余所者の虐めはポピュラーだった。



特殊な祭りのある旧住民の独特の共同体が残る田舎だったため目も当てられないくらい虐められた。
学校の行き帰りに押されて田んぼに落とされるのは日常茶飯事、なぜか学校の壁に自分の名前が書かれたり、水をかけられたりカバンをけられたりは当たり前だった。
ちょっとでも反抗して自分の意見を言えば集団無視だった。びっくりするのが虐めという犯罪に大人も加担していたこと。教師にもいろいろやられた。
当時は親が孤立を恐れて適切な対応を取れなくて、やられるままだったので悲惨だった。
今は企業のある部署にいるんだが、地方転勤者を見ていたらおおよそどのあたりで虐めが起こりそうなのか手を取るようにわかる。自分が経験者だけに。
だから、出張先の地方で飲みに行ったときなんかに、証拠こそ大事ということで、ICレコーダーとか社宅附近だけでなくて自分でも持つようにまた子供にも持たせるよう、いつ問題が起こってもいいように転勤者に勧めている。というかいつもおごってもらう御礼に渡している。
地方は東京みたいにどこでも道理が通るわけではないから、証拠がものをいうこともある。

気団まとめでは皆様の体験談、相談、愚痴、吐き出し。何でもお待ちしております
コメント欄 or メールフォーム から投稿下さい!




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年05月29日 18:45 ID:kidanmatome

おすすめ記事