FCFG100141128_TP_V4

796: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/06/23(金)16:28:10 ID:6fi [1/1回]
北部九州出身・育ちの嫁と、東北出身・東京育ちの俺
結婚してみて味覚が合わなくてびっくり



食べられないことはないがとにかく薄味に感じるので
何にでも調味料ドバドバやってたらキレられて
いまや食卓に上るのはスーパーの半調理品のみ
味付け肉、クックドゥ、その他類似品
確かに味は濃いけどコレジャナイ感がすごい・・・

今にして思えば嫁の料理はすごく丁寧だった
今は火を通せばOKみたいな雑な感じ

どう謝れば許してくれる?

797: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/06/23(金)16:56:45 ID:GbA [1/1回]
東北特に青森は塩分摂り過ぎが原因で日本一健康寿命が短いで有名だもんな

嫁に料理教えてくれって頼んでみたら?
実際作る立場の気持ちに立ってみないと調味料ドバドバがどれだけ嫌なことか実感できないでしょう?

798: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/06/23(金)17:22:17 ID:M7l [1/1回]
>>796

気持ちが一回離れちゃったら、もう戻らないよ
ムリ。あきらめろん
自分でシコシコ作って、美味しく作れるようになったら、
嫁さんにごちそうしてやれ
嫁さんが頑張りを評価したら、徐々に作ってくれるようになるかもしれん

799: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/06/23(金)17:25:42 ID:puy [1/1回]
謝罪しまくった上で
>>797
に一票

800: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/06/24(土)07:09:08 ID:Zfh [1/1回]
>>796

無理。だって腹を立てて旦那様への食事作りを辞めたんじゃなくて、気持ちが潰され続けたから無駄を悟って辞めたの。旦那様が好きな濃い味の出してるんでしょ?十分じゃない。
うちは、袋ラーメンがあればいい。朝はお茶漬けがあればいい。と言われ続けて7,8年で完全にどうでも良くなった。夕飯の品数なんて半分以下になったけど袋ラーメンはバッチリある。それがいいんでしょ?

802: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/06/26(月)04:49:32 ID:USy [1/1回]
>>796

一度離れてしまったら気持ちは二度と戻らない
望み通りの濃い味の食卓になってるんだから結果オーライじゃん
嫁が以前の料理出したらまた気に入らなくて調味料どばどばかけるんでしょ?
それに嫁がそこまで切れるって味が薄いまずい等々さんざん言ったあとでしょ

803: 名無しさん@おーぷん[] 2017/06/28(水)01:26:15 ID:SJx [1/1回]
よくもまあ勝手な事ばかり言いますね。
味がどうのだのコレじゃない感だの。
家政婦じゃないからさ、勘違いしてるの?

804: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/06/30(金)13:30:39 ID:Cvc [1/1回]
>>796

無理だろ、検査したらどうせお前に味覚障害があったってオチだよ

875: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/08/10(木)14:45:10 ID:xvG [1/1回]
お久しぶりです
>>796
で書き込んだ者です
書き込みできなくてすみません

書き込みをした後に車にはねられて事故で入院してました
リハビリ続けてようやく指が動くようになってきたので
レスいただいたお礼と報告に書き込みにきました

1ヶ月の入院生活で、病院食の薄味に慣れました
退院後は嫁が手料理復活してくれるようになり
以前よりも量を減らしつつ、品数を増やして満足感を出すような
工夫をしてくれるようになりました

先方から結構な金額の慰謝料が支払われているので
当分仕事しなくてもいいということで
腕と手のリハビリを兼ねて料理を教えてもらっています
体が不自由な人用の調理器具や子供向けの包丁をを使って
野菜を切るところから始めています
夏場のキッチンが暑くて死にそうだけど
嫁は毎日これをやってるんだと思うと感謝ばかりです
食事作りをなめてました
調味料ごときと思っていた自分が情けないです

876: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/08/11(金)15:24:10 ID:jKO [1/1回]
久しぶり!
痛い目を見て学習したってことかw
気の毒だがいいきっかけになったと思って嫁さんと仲良くな

引用元: ・既婚男性/既婚女性の雑談(双方質問)★7




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年04月13日 20:30 ID:kidanmatome

おすすめ記事