gatag-00000970

※その後の報告は無いようです。
594: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:14:22
文章うまくないんだが、昨日の惨劇を聞いてくれ。
突然、俺の両親がやってきた。(車で2時間に居住)
丁度、嫁さんは夕食準備中。
うちの嫁さん、ちびで非力で握力1ケタだが料理は上手。
果物ナイフみたいな小さい包丁で工夫して料理してる。



しかし俺の母親、キッチンうろうろ覗き込んでるなぁ、と思ってたら
「包丁も使えないのか」と。
「急に人の家きて文句言うな」と〆たが、両親揃ってニヤニヤ嫁の後ろに立つ始末・・・。
いいかげん怒鳴ろうかと思った時、
「これだから母親のいない子は心配だったのよねぇ」と俺母が・・・。
嫁さん、泣き出してそのまま部屋にこもっちまった。
もちろんその後〆たけど、俺母的には「だから私が教えてあげる」としたかったらしい。
「お嫁さんと仲良く料理したかったのよ」と。
男兄弟しかいないから嫁さんと仲良くしたかったらしく、それが目的できたらしい。
ニヤニヤ見てたのも、愛想良くしていたつもりらしい。
んなもん、もともと悪党顔してんだからわかんねーよ。

結局、嫁はその後部屋から出てこず、俺親ともども気まずく朝を迎えた次第。
朝も見送りしてくんなかった。
今日帰ったら土下座するか、それとも両親の頭でも剃るか・・・。

597: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:16:50
>>594

> 「これだから母親のいない子は心配だったのよねぇ」と俺母が・・・。

「本人の責任じゃないことを言ってはいけない。
言うのは卑怯者のすることだ」と親にも教師にも言われて育った。
>>594
の親は卑怯者。

601: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:20:34
>>594

なんで親を叩き出さなかったんだよ。
朝までいた?まさか594が仕事行ってる間も家に親置いといたんじゃないだろうな?

602: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:21:02
>>594

>「これだから母親のいない子は心配だったのよねぇ」
うわ凶悪…
この言い方に悪意がないと思える人の神経が信じられない…。

ちょっと興味本位だけど、ぺティナイフ使いで料理上手ってことは
嫁さんはフランス料理を習ったのかな。

603: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:21:04
>>594

土下座したからと言って嫁の心が晴れるもんでもないだろう。
親の頭を剃ったって、それでもう非道な発言をしないもんでもないだろう。
もうちょっと根本的な問題だと思うが。

610: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:26:03
>>603

その通りだ
594は離婚してやれ

604: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:21:51
>「これだから母親のいない子は心配だったのよねぇ」

普通、仲良くしたい相手にこんなこと言うか?
現実を直視できてないようだが、おまえの両親は「嫁いびり」をしてるんだ。
悪党面だから…とか関係ない。

つか、まさか嫁を両親を同じ家に置いて仕事に出てきたんじゃないよな?
ちゃんと両親叩き出したんだわな?

606: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:23:34
>>594

>両親揃ってニヤニヤ嫁の後ろに立つ始末・・・。
>俺母的には「だから私が教えてあげる」としたかったらしい。

へぇ、親父も嫁さんに料理教えんのか?
一緒に料理すんのか?
うそくせー、
どう見たって嫁いびりをニヤニヤ見てたという風にしかとれねーだろうよ。

607: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:24:10
俺の嫁、俺の両親という視点で見てるから、感覚がおかしくなるんだと思う。
職場で、自分の親くらいの年齢の人間が、自分と変わらない歳の女性に

>「これだから母親のいない子は心配だったのよねぇ」

って言ってるのを聞いたらどう思うよ?
自分に関係なくても不快じゃね?

611: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:26:22
>「これだから母親のいない子は心配だったのよねぇ」

相手が嫁だろうと誰だろうと、自分の親がこんなこと言ってるの聞いてしまったら
情けなくて泣ける。

612: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:26:25
で、
>>594
は書き逃げかw

613: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:26:42
>>594

即追い出さずに・・・泊めたのか。
言ってはならない一言を言ってしまった親もお前も最低認定されただろうな。
土下座するなら花も買って行け。

624: 594 2007/05/21(月) 18:32:05
残念ながら釣りではない・・・。
帰宅準備中なので手短にレスします。
親は泊まっていきました。そして朝一緒に家を出た。
昨日は親ともどもドア越に謝っていたんだが、戸は開かず・・・。
本当に口が悪い親で恥ずかしいんだが、悪気はなかった・・・と思いたい。
ただ俺には通じても嫁さんには通じないということは、親も痛感したらしい。
「悪いことした、嫌われた」と親も落ち込んでいたから。
「これだから母親のない子は」発言も
「これからは、わたしをお母ちゃんだと思って頼って」との気持ちからだと。
まあ、言っていいことと悪いことの判別がつかん馬鹿親なんだ。本当にさ。
では帰ります。許してもらえるように祈ってくれ。

625: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:32:53
>>624

ムリwww

626: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:34:26
>>624

口が悪い?
性格が悪いんだよ。
言っちゃいけないことは世の中にはあるわけで。

627: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:34:31
>>624

嫁がおまいら一家から逃げ切れるよう祈ってるYOノシ

628: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:35:08
>>624

>「これからは、わたしをお母ちゃんだと思って頼って」

ああ、オマイの嫁は一生、何が起こっても、たとえ地球が爆発しようと
死ぬまでそう思うことはないから。
親にもそう言っといたほうがいいぞ。
「いつかは…」なんて期待させとくと気の毒だからな。

630: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:35:39
>>624

マジで言っていいことと悪いことがわからないなら
職場親戚隣人など全てからハブられていると思うけど。
そうじゃないなら嫁いびりだな。

631: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:36:26
>俺母的には「だから私が教えてあげる」としたかったらしい。
>「お嫁さんと仲良く料理したかったのよ」と。
>男兄弟しかいないから嫁さんと仲良くしたかったらしく、それが目的できたらしい。
>ニヤニヤ見てたのも、愛想良くしていたつもりらしい。

これが言い訳だと気づけないのかよ!
そんなはずないだろうが。

634: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:36:35
「悪気が無かった」ってのが登場する度、
つくづく頭悪い奴だなって思うよ

悪気が無ければ本気でそう思ってるって事だ。
母親のいない子はダメだねって言ってるって事なのにな。
そういう事に気づかない
>>594
に救いはあるのか?

ねえよw

635: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:41:17
>>624

つまりおまえは「親には悪気はなかった」から、嫁に許して欲しいんだよな。


…おまえが嫁の立場に立って考えてやらなくてどうするよ?

口が悪いと済む問題じゃないし、どう考えても悪気はあっただろ。
百歩譲ってもし悪気がなかったとしたら、おまえの両親は
素で人の気持ちを思いやることのできないヒトデナシだ。

637: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:42:40
>>624

> 「これだから母親のない子は」発言も
> 「これからは、わたしをお母ちゃんだと思って頼って」との気持ちからだと。

最初から下の科白を言えばいいのにw
なんでわざわざ上の科白を言うんだか。

639: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 18:43:20
>>624

おまいが、嫁に言ってもらえ
「だから常識のない親に育てられた人は・・」と。
そしてあとから「悪気はないから」と。

嫁の気持ちがわかるから。

660: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 19:17:41
> 「これだから母親のいない子は心配だったのよねぇ」と俺母が・・・。

仮にこれが悪気のない言葉だったとしても、この先子供が生まれるとき、
育てる時等、なんかあるたびに言われるんだろうなぁ。
嫁、カワイソス(´・ω・`)

661: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 19:18:11
「母親のいない子は」ってことは、嫁父は存命なんだな。
594、本気で「悪気はなかった」と思ってるなら、嫁父のところへ
行ってゆうべあったことを包み隠さず話して、ここでしたのと同じ言い訳
(口は悪いが悪気はない。人相が悪いので誤解された)を言ってみろ。
言えるよな? 悪気がなければ許される発言なんだもんな?

677: 594 2007/05/21(月) 20:06:20
帰ってきて、飯食いました。
今、嫁さん片付け中。

玄関開けたら、嫁から先に謝ってきた。
「昨日はごめんね、大人気なかった。
お母さんたちも気を悪くしたでしょう、本当にごめんね」だと。
なんだかすごいショックで、俺その場で土下座した。
「気にしないで」って笑っていたけど、これから昨日のことについて話し合うつもり。

678: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 20:07:36
実母と義母は別物だろうが
ガキの時から育ててくれた「養母」とは違うんだぞ
成人して対等な人間として出会うのに、
何でそんなに上から目線なんだろな。世間のジジババは
俺の嫁父と嫁母は尊敬できる人間だが、
それでも俺の実親では無いんだよ

679: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 20:07:43
仕方なかったことだと思おうとしても忘れられないこと、
フラッシュバックのように何年たっても思い出される傷、
いくら謝っても取り返しのつかないこと、というのがあるもんだ。

594夫婦がどういう関係なのかわからんので何とも言えないが、
このことを嫁が何年、何十年後に持ち出したとしても、
「そんな昔のことを」とか言えるようなことじゃないってのは
確かだな。

680: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 20:08:03
あ〜あ。嫁さん先に謝っちゃったよ。

でも、ここのログしっかり読んで嫁さんとちゃんと話し合えよ。
お前の親、イタい方だと思った方がいい。

681: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 20:08:13
いい嫁さんだな…
594には勿体無い。

首の皮一枚で繋がっていることを肝に銘じとけ。

684: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 20:11:56
すげー健気というか、いい嫁だな。
自分から謝ることで修復のきっかけを作ってくれたんだ。

お前のこと大事に思ってるからそうしてくれてんだ。
世の中には意地張って絶対謝らないとかいう女も多いんだぞ。
マジで大事にしろよ。守ってやれよ。

688: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/21(月) 20:16:31
>>677

とりあえず、お前の意思でお前の親をがっつり〆て来い。

”悪気はなかったの”で済ませると、何度も同じこと繰り返すぞ。

716: 名無しさん@お腹いっぱい。 2007/05/22(火) 01:18:09
>>594

嫁さん謙虚で優しくていい女だな。
ホントならお前の親の顔なんか二度と見たくないって言われるのが当たり前なんだが。
でもそれに甘えてたらそのうち捨てられるぞ。

お前に聞きたいんだが、自分の親の言ったのが酷いことだと分かってたならなぜそのまま泊めた?
両親共にドア越しに謝ったとあるが、それで嫁が無反応なのを見た時点で
「ここまで傷つけた相手がこのまま家に泊まったら嫁が辛い。もう遅いが今日は帰るかホテルでも取れ」
ってなぜ言えないんだ?親も本当に悪いことをしたと思ってるならそうして当然だろう。
そこで親が文句をつけるなら実際は反省もしてなければ悪いことをしたとも思ってないんだよ。
それをしなかったお前は嫁さんに「この人は結局親の味方なんだ」って思われてもしょうがないぞ。
もしかしたら、もう思われてるかもな。それで嫁さん、諦めて自分から謝ってきたのかも。だとしたら可哀想だな。

母親が嫁と「本当に」仲良くなりたかったなら、
「何か私に出来ることがあったら遠慮なく頼ってね。息子の大事なお嫁さんだもの、私もできるだけ力になるから。」
くらいの言い方、いい年した大人が言えんのか。
よりによって「これだから母親の居ない子は」なんてよく言えたな。
お前は親が悪気なく言った、嫁と仲良くなりたかったって信じてるようだが、
今後の嫁のためには、それが本当かどうかお前が見極めなきゃいけないだろ。
お前の母親は嫁を傷つけただけでなく、嫁さんのご両親にも失礼なことを言ったんだ。
母親に「嫁のお母さんの墓参りに行って、非礼な発言をお詫びしに行こう」と誘ってみろよ。
母親が本当に嫁と仲良くしたくて、嫁に申し訳ないことを言ったと思ってるなら行くだろうよ。
なんだかんだ理由をつけて行きたがらなかったり、逆切れしたらお前の母親は嫁をいびりたかっただけって事だ。

めちゃめちゃ長くなったが、ここでお前が自分の親の本心を見抜いてやれないと嫁は何年も傷つけられ続けるぞ。
好きな嫁ならちゃんと守ってやれ。

引用元: ・【嫁姑】義理親子間の争い81【嫁舅】




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年03月24日 18:30 ID:kidanmatome

おすすめ記事