gatag-00007744

842: 名無しさん@おーぷん[] 2017/12/11(月)12:25:52 ID:Wnm [1/1回]
震災系の話です。

3.11の東日本大震災があった当時わたしは中学2年生でした。
当時は秋田県に住んでいて、ご存知の通り秋田県は震災による死人けが人はゼロです。
わたしの場合も親戚がみな無事で、被害もインフラと物流が止まったことくらいです。



被災者のかたと比べたら軽すぎるくらいの被害しか被っていないのに震災系の話題が苦手です。
具体的には話を聞いたり映像を見たりすると、意志に関係なく涙が溢れてきます。
そんなに悲観的な話や映像じゃなくてもです。(未来に向かって頑張ろう!みたいな)

そんな自分が大した被害を受けていないのに泣く自分が嫌になります。
なんだか悲劇のヒロインぶってるように感じます。
まわりが気を回してくれることもあるのですが、みんな秋田県出身を知っているので
「なんだこいつ?」と思われているのかな、と勝手な被害妄想もしてしまいます。

克服するために震災系ボランティアに大学生になってから積極的に参加してみましたが、
だいたい泣いてしまい気を遣われて裏方に回されたりします。

なんかか弱いわたし!を演出したいと深層心理で思っているのかな、と感じます。
こんな性格?を治すためにはどうすればいいでしょうか?

851: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/12/11(月)15:53:53 ID:0cl [1/1回]
>>842

共感力と想像力が高いのでは?
そういう人だからこそできる何かがありそうに思う
治さないで、それほど泣けるパワーを何かに注ぐという方向性はどうだろう

845: 名無しさん@おーぷん[sage] 2017/12/11(月)13:47:27 ID:cBX [1/1回]
>>842

私は西日本住みだけど、あの時の映像を見たら涙が出るよ。自分に置き換えてしまって怖くて仕方ないから。
あなたが涙が溢れるのは何でだろう?理解出来るのはあなた以外いないからとことん考えようよ。それが掴めたら解決できると思う。

引用元: ・何を書いても構いませんので@生活板53




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2018年03月09日 23:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事