LISA78_kaidanhaihai20141018101533_TP_V

出張侍様よりご投稿いただきました。
ありがとうございますm(_ _)m

[投稿日時] 2017年09月10日 00:51
息子に泣かされる日々が続いてます…

短パンでソファーにくつろいでいると、ハイハイで寄ってくる息子。テレビに集中しているとふくらはぎに違和感。




次の瞬間、俺のふくらはぎのモジャリンを両手で握りしめつかまり立ちを始めた。
あまりの痛さに動けず、抱いて止めることができない。
「僕立てるようになったよ」と言わんばかりの天使の笑顔で腿のモジャリンを握っている。
しかし、慣れない立っちにモジャリンを握りしめたまま尻餅。
物理的に泣かされた父でした。

お絵かきが出来るようになり、家族の絵を描いてくれるらしい息子。
肌色に黒で模様を描いた2つと、焦げ茶のクレヨンでグリグリに塗り潰した塊が1つ。
描き終わり「とっと、どして黒いの?」
息子よ、父はれっきとした日本人で、マックロクロスケやマツザキシゲルの類いではないんだ。
ただちょっと地黒なだけなんだ。
精神的に泣かされた父でした。

ソファーに座る嫁の脚に向い合わせで座り、一生懸命何かを話している息子。
突然キレて嫁に怒りだした。
「おかーしゃん、ちゃんと目を開けて話聞いてっ!」
叫びながら指で嫁の目を強引に開く息子。
息子よ、嫁さんはちょびっとだけ目が細いだけなんだ。あまりコンプレックスを抉らないでやってくれないか。 精神的、物理的痛みに泣かされた嫁さんでした。

ある日教会付属の幼稚園から帰ってきた息子がドヤ顔で聞いてきた。
「あのね、マリア様の名字って知ってる?」
「(そんな難しいこと教えてるのか?)いや、父さん知らないなぁ」
「知らないの!?しょうがないなー、教えてあげるよ」
「うん、教えてほしいなぁ」
「あのね、阿部さんって言うんだよ!」 (阿部?…阿部マリア?…アヴェ・マリア!)
「ぶふぉっ!ぐふっ!」
息子よ、鼻に逆流したレモン酎ハイの炭酸と酸味で、あり得ない地獄を見せるのは止めてくれないか。
間接的攻撃に泣かされた父でした。

まだまだこれからも泣かされるんだろうなぁ。


気団まとめでは皆様の体験談、相談、愚痴、吐き出し。何でもお待ちしております
コメント欄 or メールフォーム から投稿下さい!




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2017年09月12日 16:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事