602: なごみ 2010/07/16(金) 17:56:58 ID:cm+xInEtO
昔、実家で犬を飼っていた。 
犬の名はゲン。 
家の前の道路は通学路で、柵越しに道路に面した犬小屋には小窓が開いてた。 
子供好きなゲンは良く顔を出しては、子供たちと触れ合っていた。 
親父が古いたばこの自販機のパーツをどこからか拾ってきて、小窓の上に「たばこ」と看板を付けた。 
子供たちは「ゲンちゃんのたばこ屋さん」と呼んでいて、 
窓越しに触ったり、お菓子や給食のパンを残して持って来たりしてた。 

つづく




604: なごみ 2010/07/16(金) 18:08:36 ID:cm+xInEtO
なにぶん通学路だから、毎朝同じ時間に大勢の子供たちが通り、ちょっとだけ撫でては通り過ぎる。
夏休みとかになると、子供たちが通らないので、ゲンは寂しがっていた。

そのゲンも、八年ほど生きて静かに死んだ。

子供たちが、空っぽの犬小屋を覗き込んでは
「たばこ屋さん、今日もお休みかなあ」
と言うのに母が堪えきれなくなって、貼り紙をした。

ゲンちゃんは死んでしまったこと。
だから、ゲンちゃんのたばこ屋さんはもう店仕舞いだと言うこと。
ゲンちゃんは子供たちが大好きで、いつもあなたたちと会える朝を楽しみにしていたこと。

翌朝、子供たちが自分たちで摘んで来た花を持って訪ねて来た。
暫くの間、たばこ屋さんの窓口には、野に咲く花やお菓子が代わる代わる手向けられていた。

605: なご・・・にゃご・・ 2010/07/16(金) 18:24:30 ID:AjHDZur30
。・゚・(ノД`)・゚・。

606: なごみ 2010/07/16(金) 18:35:35 ID:q+MKtUZc0
>>602
>>604
ごめん。
なごみだけじゃなくて涙出てきた。
ゲンちゃんがいなくなった=亡くなってしまったことを知って
手向けを持って訪れる子供たちは、きっと、自分の命だけでなく
小さな命も大事に思う人間に成長してくれるだろうな。
その子たちの記憶の中で、ゲンちゃんはこれからも生き続けるんだな。

引用元: ・あなたの心がなごむとき〜第57章




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年12月13日 23:00 ID:kidanmatome