685: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/18(日) 11:05:31
やったー俺もうすぐここ卒業だー! 
ふだんの料理は普通なのに記念日やイベントになるとはりきってオリジナリティを爆発させるうちの嫁 
毎日じゃないならいいだろと言われそうだがここ一番にマズメシの思い出ばかりってのもつらいのよ。 
デリ・外食・俺が調理は全て却下されたけど 

「俺が嫁の助手をする」は受け容れてもらえました!!! 

つまり料理番組みたいに調味料や材料をきっちり計って用意して並べておく。 



調味料・材料の残り・はかりや軽量スプーンも全部しまう。
あとあれもこれもと手を出して失敗するパターンも多かったから
「後片付けは助手の仕事な!」と言って調理以外は全部引き受けた。

そしたら…できたよ!ちゃんと食えるものが…!
嬉しくて泣いたら嫁にどうしたの?って言われたから二人で料理するっていいねって言ったよ。

ヘドロ色に魚のアラをぶち込んだポタージュスープを食った結婚記念日。
高級和牛に刺激臭のある謎のソースをぶっかけたクリスマス。
正月のおせちの栗きんとん、ミントがあほほど入っていた。

あーもうすげー嬉しい!これで嫁とずっとやっていけるよ。

687: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/18(日) 11:09:34
>>685
つまり面倒なところは全ておまいがしてるわけだな…
それで喜んでるんだから嫁さんは幸せものだな
がんばれよ

688: 名無しさん@お腹いっぱい。 2008/05/18(日) 11:11:39
>>685
今までのヘドロとの違いは嫁自身は認識したのか?

689: 685 2008/05/18(日) 11:21:50
嫁はアレンジャー(記念日で加速)とブキヨーモノの複合型かな。
あとモタイナイもあって残り物でとんでもないもん作るからすぐにしまうようにした。
(あれ使おうかと言わないようにラップできっちり密封して冷凍庫か即廃棄)
前にソース作りで余った生クリームに普通の茶葉をそのまま混ぜて和風デザート作られた。

>>687
いやー別に毎日じゃないしたまにだからそれはそれですげー楽しいよ。
飯もうまくなって一石二鳥だよ。

>>688
嫁は味音痴じゃないから自分でも失敗はわかるんだ。
でもその失敗の原因を「慣れない料理だったから」でまとめてしまって
「次は頑張るね!」となる…

引用元: ・【焼くんじゃない】嫁のメシがまずい【それは家だ】




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年05月25日 23:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事