ちょっと落ち着いたから
気持ち整理して皆に伝えるね。

えと。俺もまとめ好きだしよく見ます。
そんな中でコメ欄の批判も良く見ます。

まぁ2ちゃんと同じノリだなと。

でも纏め職人とスレ主(偉そうでごめん)って
共存共栄かなと思ってました。

ビジネスパートナーと言うか・・・。

このスレ俺のサイトにUPしていい?
(俺の駄文に許可なんていらないし、通常許可なんて取ってないだろけど)

お願いします。こちらとしても励みになります。

って感じのタッグパートナー的な存在と思ってました。

そのパートナーにある日突然バックドロップ食らった感じですwwwwww




批判ならこのスレでやって欲しいなぁ。
2ちゃんの専ブラをフィルターにしたら、俺も耐久でるのに。
「冷めた」とページトップで言われるのは嫌だな。
しかも俺が纏めてくれって頼んでないのになぁ。

「纏めありきの発言」って言われても、誰か纏めてくれるって
約束してくれたわけでもないし、纏めてくれなくても書いてたのに・・・・。

もしかして俺の「纏め職人さん。悪いけどUP時に誤字訂正お願い」的な発言かなぁ?
俺やっぱ誤字・脱字って嫌だし
「せっかく気づいたんなら、せめてまとめでは見やすく」的に発言してたけど
それってそんなに打算的かな?

などの思いが出てきたわけですww
正直この事も言うのはためらいました。スレ荒れるし。
俺はVIPもクソスレ立てたり、コテいじりやる
普通のねらーですwwwwww







76: 以下、VIPにかわりましてパー速民がお送りします 2008/06/22(日) 01:06:16.59 ID:h.kP.l.o
でも俺は今こんな系のスレ主だから不用意な発言は我慢しなきゃと思ってた・・・。
でも。2ちゃんなんだよね。思ったこと言ってもいいよね?って思いました。

「今後まとめません。スレ主の発言に冷めました。」
何度も言うけど俺は「まとめてくれ」ってお願いしてないって!

やめるならヌルーっとやめてよ。
こっちも「なんで途中で辞めんだよ!!ボケ」なんて暴言吐かないし(吐く権利もないし)
そっちも吐かないでよ。
しかもアナタのテリトリーでページのトップでさぁ。

俺のよく見るまとめサイトでは、管理人によるこんな発言見たことなかったしさぁ。
まとめ管理人って公平な立場と思ってたから。
金槌で頭殴られた衝撃でした。

ごめん。やっぱ冷静じゃなくて後半の文章は
かなり興奮しちゃった。ごめんなさい。

皆が励ましてくれて嬉しかったです。
俺の駄文を読みたいって言ってくれてめっちゃ嬉しかった。
作家気取りでもなんでもなく
書きたい気持ちになった時
ガーーーーッと書いてガンガン投下してくぜwwwwwwww

長文スマソ

756: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 01:51:44.22 ID:gkS.tT.o
第13章 はじめての彼女

次の日、俺は油田の部屋にいた。

油田はメガネのレンズに、ハーっと息を吹きかけ
服の袖でメガネをフキフキ切り出した。

「しかし。まぁ。なんですなぁ」

俺は油田の前で正座をしていた。

「共同生活における秩序を乱しましたなぁ。二宮さんとまりあちゃんは」

え・・・。ちょっと。
俺たちは確かに仲はいいけど、各々が独立した部屋に住み
家賃も各自で払っていますが・・・。

しかし俺はその言葉を飲み込こんだ。
そして「すんませんでした・・・」と言った。

昨日・・・。

俺はとうとうまりあに告白し成功した。
まさに天にも昇る気分とはあのことだ。

俺は愛しいまりあをギュッと抱きしめ
まりあも無言でそれに応えてくれた・・・。

「幸せの絶頂」そこへ向け、俺とまりは階段を一段ずつ上り始めた。
いや。始めていた。

そこへもっての油田の登場。
ヤツは何かを嗅ぎ付けてきたのかもしれない。

759: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 01:53:22.24 ID:CzqJsY6o
>何かを嗅ぎ付けてきたのかもしれない

自分の靴下のにおいですね。わかります。

777: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 02:03:52.87 ID:gkS.tT.o
ジッと抱き合う俺たち2人を見下ろす油田。

目が怖い・・・。

「あ・・・油田。靴下・・・。そこ・・・」
俺はそう言って、油田の靴下を指さした。

油田は抱き合う、俺たち2人の横を通り
お目当ての靴下を握りしめると、静かにリビングを出て行った。

「あ・・・明日。寄り合い楽しんで・・・こいよ」
俺の言葉が彼に届いたかは、定かでは無かった。

これはとても隠しきれるものでは無い。

俺は次の日、油田の部屋へ説明に訪れた。

まりあも付いて来ると言ったが、それは断った。
油田の前にカップルで登場すれば、ピザに油を注ぐようなものである。

そして今・・・。

俺は油田に説教されていた。

油田はフーっと深く息をつくと
「まぁ。良いでしょう。今回の件は僕の胸の中に収めるということで」

油田による判決が下された。

「それに僕は・・・」

なんだ?

「彩さんのほうが好みなので・・・フフフ」

・・・・・・・・・・・・・・。

779: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:05:20.25 ID:JAqeJ3A0
>>「まぁ。良いでしょう。今回の件は僕の胸の中に収めるということで」

油何様wwwwwwww

780: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:05:27.02 ID:SoMcN6o0
ピザに油wwwwwwwwww

781: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:06:17.19 ID:yRBOHm2o
二宮おかえり!
って俺らの渡辺がwwwwwwwwww

782: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:06:26.21 ID:5rsE.BEo
油田wwwwwwww

てか、

 は じ め て の 彼 女 だ と !?

799: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 02:17:46.55 ID:gkS.tT.o
「まりあちゃんは胸が大きすぎて
えrいきらいがありますしね。
ややもするとあの胸は少し下品ですなぁ」

テメー・・・。ぶっ飛ばされたいのかっ!!??

「そこへいくと彩さんの胸は小ぶりだが品がある」

乳しか見てねーのかよ!お前は!!

「まぁ今回は、まんまとお2人のキューピット役を演じましたが・・・」

キューピット・・・?
お前が俺に何をしてくれた?

油田はメガネを持ち上げこう言った。
「今度は僕と彩さんの、応援団長をお願いしますよ。二宮さん?」

お断りします。

俺は油田の部屋を後にし、302号の前に立った。

俺には分からなかった。

彼氏ってなにをするんだ?

どんな態度で接すればいいのだ?

いまの時間は23時30分。

彼氏はこの時間に、部屋を訪ねてもいいのだろうか?

そしてどんな態度をとれば彼氏「風」なのだろうか?

ドアを開けたまりあに対し
「おお。俺だよ。彼氏の俺だよ!」

こう言えばいいのか?自分が純朴すぎて分からない。

800: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:19:02.74 ID:yRBOHm2o
え…初めてだったのか…ヤバい。なんか二宮に萌えてきたwwwwwwww

801: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:19:21.04 ID:GC6TrEAO
いいな、なんかwwww

802: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:19:31.60 ID:SoMcN6o0
油うぜぇwwwwwwwwww

805: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:20:12.81 ID:NFlL6s60

      。 ,. -ー冖'⌒'ー-、
       ,ノ         \
       / ,r‐へへく⌒'¬、  ヽ
       {ノ へ.._、 ,,/~`  〉  }     
      /プ ̄`y'¨Y´ ̄ヽ―}j=く      今度は僕と彩さんの、
    ノ /レ'>-〈_ュ`ー‐'  リ,イ}     応援団長をお願いしますよ。二宮さん?
   / _勺 イ;;∵r;==、、∴'∵; シ        
  ,/ └' ノ \   こ¨`    ノ{ー--、___
  人__/ーー 个-、__,,.. ‐'´ 〃;`-ー-ー\
. /::::::::::::|/::::::::::::、       〃::::::TG::::::::::::::ヽ

806: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:20:20.14 ID:JAqeJ3A0
>「おお。俺だよ。彼氏の俺だよ!」

なんかオペラっぽいwwwww

808: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:21:59.18 ID:S1B9EUDO
あぁぁぁあwwktkが止まらNEEE!!!

809: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:22:00.05 ID:5rsE.BEo
とろけるような・・・
   とろけるような・・・
     恋あi・・・

      カレーが食べたい!

811: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:22:35.01 ID:11CZI2AO
なんかすごい萌えたwwwwwwwwww

815: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 02:26:30.00 ID:gkS.tT.o
以前ならもっと気楽に訪ねることが出来たのに・・・。

俺は廊下の壁にもたれながら、夜空を見上げていた。

俺には今まで彼女がいた経験がない。
中・高とグレて最高のDQNだったが俺だが
そっちの方面はからきしだった。

もちろん女の子には興味があった。
決してウホッではない。

でも照れ屋だったのだ。
中学時代、隣町の中学生とケンカをした。
仲間と鼻血を流しながらの帰り道。

その時仲間が言った。
「俺らもそろそろ彼女が欲しいよな」

俺はクールに言った。
「バカかテメーは?男同士の方が楽しいよ。女なんてつまんねーよ」

しかし内心は
「ウァァァーーーン!彼女欲しいよぉぉぉ!!なんで鼻殴られて血ぃ出してんだぉぉぉ」
であった。

こんな俺でも高校へ行けば、バラ色の学園生活が待っている!
そう思っていた。

825: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:32:38.92 ID:0Q.9IlYo
>>815
>「ウァァァーーーン!彼女欲しいよぉぉぉ!!なんで鼻殴られて血ぃ出してんだぉぉぉ」

これはwwwwwwwwwwww萌えたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

828: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:34:25.51 ID:5rsE.BEo
>男同士の方が楽しいよ

この方はウホッですね

835: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 02:40:08.85 ID:gkS.tT.o
しかし中学時代より、さらにDQNとして進化を果たした俺に
近寄ってくる女など皆無であった。

そんな時ある事件が起きた。
これは俺の今までの人生で、1番大きな出来事であった。

実をいうとそれも今回、話すつもりであった。
しかしこの事件を話すと、とうとう終わりが見えないので
やめる事にした。

とにかく俺の人格は、その事件を境にして180度変わった。
人の気持ちを1番に考えたいと思うようになった。

しかしその代償も大きかった。
人の気持ちを考えすぎて、自分が傷つくことも多かった。
すっかりチキンハートな俺になっていた。

髪は黒くなり、サラサラのセンター分けヘアになった。
DQNの仲間とも離れ、ひたすら勉強をした。
来る日も・・・。来る日も・・・。

そしておふくろの肩を揉んであげた。
これまでの何年も、苦労を掛けた分を・・・。

この時に俺は勉強のしすぎで、メガネを掛けるようになった。

857: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 02:55:41.74 ID:gkS.tT.o
その甲斐もあってか、なんとか4流大学に現役で滑り込んだ。

しかし不気味なメガネ男に、近づいてくる女はここでも皆無だった。
しかも元がDQNなのだ。
メガネの奥の潜む眼光は簡単には消えてくれない。

今はメガネをコンタクトに変え
世間の話題にも、ある程度ついていけるが
当時の俺はDQNからある日突然ガリベンになったのだ。

みんなが大事なものを養っている期間を、俺は無駄にした。

そう考えると、俺の青春時代は非常に暗かったといた。
自分の信じる、オタク道を邁進する油田は少し羨ましい。

遅い時間だし302号を訪ねるのはやめておいた。
渡辺には明日、会社で会えたらその時報告しよう。


858: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 02:56:31.53 ID:5rsE.BEo
>おふくろの肩を揉んであげた。

今度はまりあのおっぱ(ry


・・・ふぅ

868: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 03:03:53.44 ID:gkS.tT.o
次の日、15時ごろ技術部に行くと
機材を片付けている渡辺がいた。

たった今、ロケから帰ってきた様子だ。

「お疲れナベ。なんのロケだったの?」

世間話をしたあと、俺は渡辺を誘って会社近くの喫茶店へ行った。

こういうことが新人の俺でも出来るのは
この業界の特権ともいえる。

ホワイトボードに「二宮 資料探し。本屋」と書いておけばOKである。

俺は渡辺に話した。

昨日渡辺たちが帰ったあと、まりあが家に来たこと。

そしてプレゼントを渡して・・・。告白したこと。

まりあが俺の気持ちに応えてくれたこと。

それを油田に見られてしまったこと。

昨日の夜、油田に許可(なんで?)を貰ったこと。

しかし俺が応援団長に任命されたことは伏せておいた。

渡辺はニコニコとしながら俺の話を聞いてくれた。
そして一言
「良かったね。二宮くん」と言ってくれた。

871: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 03:06:25.96 ID:gkS.tT.o
後にまりあから聞いたことだが
まりあも俺に好意を持っていることを渡辺は知っていた。

まりあ本人から聞かされていたらしい。

渡辺はその時点で、俺とまりあが両思いであることを知っていたのだ。

しかし渡辺は俺が告白するまで、そのことは黙っていた。
きっと自分がでしゃばる問題ではないと思ったのだろう。

その中で俺をaquagirlに連れて行ったりして
筋道を立ててくれていたのだ。

渡辺は本当にいいやつなのだ。

「今度デートしなよ。今までは私や油田さんが邪魔しちゃってたしさ」

別に渡辺は邪魔をしてない。
邪魔をしたのは全て油田である。

デートか・・・。
俺は会社に戻った後も、仕事そっちのけでデートプランを考えていた。

875: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 03:08:24.19 ID:gkS.tT.o
ちょい一旦落ちますね。
さすがに仕事で疲れていて・・・。

リハビリのつもりで書いてみたけど
なんとか書けそうです。

これからもガンガン投下するので
明日忙しい人は本当に無理しないで寝てね。

では


876: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 03:08:55.35 ID:LqzGy/20
>>875
乙~

877: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 03:09:10.57 ID:0Q.9IlYo
>>875
おつかれさまでした!続き楽しみにしています

879: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 03:10:40.05 ID:FBpytEM0
乙!続き待ってます

914: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:26:00.59 ID:gkS.tT.o
結局、良いデートプランは思い浮かばなかった。
渡辺も「遊園地とかでいいじゃん」とアドバイスをくれたのだが・・・。

少し幼稚なまりあにはそれもいいかな?と思ったが
昔「マイホームみらの」といマンガで「初デートで遊園地と映画はご法度」と
いっていたのを思い出す。

う~~~~む。

俺はこの日の帰り、まりあがバイトをしているカレー屋に行った。
この時間なら、まりあがバイトをしている可能性が高かった。

「いらっしゃいませ」と声を掛けてきたのはやっぱりまりあだった。

俺はどんな声を掛ければいいのか迷った。
「やあ!」「お疲れ!」「オッス!」等が候補に挙げられた。

しかしどれが彼氏「風」か分からず
つい「どうもどうも」と油田「風」の挨拶をしてしまった。

席に着くとまりあが注文を聞きに来てくれた。

「お疲れさま。お仕事いま終わったの?」
なぜ女の子って今まで通り、普通に話せるのだろう?

915: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:30:03.94 ID:gkS.tT.o
「う・・うん。ロケ無かったし・・・」
俺はついゴニョゴニョと話してしまう。

「納豆フライドチキンカレーでいいですか?」

「はい。それでいいです。400gにして下さい・・・」

「少々お待ち下さい」そう言ってニッコリ笑うと
まりあはカウンターの奥へと消えて行った。

俺は水をゴクゴクと飲みながら。
「真性の喪男だよな・・・('A`) 」
そう思っていた。

やがてまりあが、納豆フライドチキンカレーを持ってきてくれた。
「いただきます」と言ってカレーを食べようとすると

「もうすぐ上がりだから、一緒に帰ろうね♪」と声を掛けてきた。

「は・・・はい」
えーーーーーいっ!!俺はどこまで純朴なのだっ!!
自分に腹が立つ。

まりあのバイトが終わると帰り道、2人で並んで歩いた。

こんな幸せが俺に訪れるとは・・・。

まりあの話に相槌を打ちながら、2人でゆっくりと川沿いを歩く。
俺の大好きな川だ。
春には桜並木になり、いまの夏の季節には子供たちが水遊びをする。

916: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:31:18.10 ID:cRGpRsAO
二宮おはよう。

917: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:31:47.15 ID:4qQy4aM0
まだ投下続くのかww
二宮って今日は仕事は休み?

918: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:33:19.99 ID:StwWMr60
戻ってキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!!!!

919: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:33:35.50 ID:gkS.tT.o
まりあが「ちょっと下に降りようか?」と言ってきた。
この川は土手に階段が付いていて、川辺に行けるようになっている。

俺とまりあは川辺に並んで座った。
この時間は川のせせらぎだけが聞こえてくる。

まりあが俺の肩に頭をもたげてきた。
そしてそっと手を握ってくる・・・。

本当に俺たち付き合っているんだ!
この時初めてそれを実感した。

よ・・・よし。デートに誘うぞ。
デートプランは何も決まっていない。
しかしこうなれば出たとこ勝負だ!!

「ま・・・まりあ」

まりあは川の方を見ながら
「なに・・・?」と呟いく。

喉が渇く。しかし言った。
「今度・・・。デート行っとく?」

俺のバッキャロー!!
これじゃ川田さんの「キャバ行っとく?」のパクりではないか!!


921: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:34:50.23 ID:gkS.tT.o
>>916
もはよう!
>>917
今日は昼まで寝て
それから仕事の予定だよ
>>918
迷惑掛けたし
今日最後の書き溜めをしてました。

922: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:36:18.79 ID:StwWMr60
迷惑だなんてそんな油臭いww
でもありがとーーー!!
無理はしないでねん

923: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:36:27.49 ID:gkS.tT.o
まりあがこっちを向いて、甘えた声を出した
「どこに行こうか・・・?」

「いや。実はまだ考えてないんだよね。まりあはどこがいい?」

まりあは「そうだなぁー」としばらく考え
「ここがいい」と言った。

「え?ここ?」

まりあはコクンと頷くと
「そう。ここ。ここにお弁当を持ってきて食べたいな。」

まりあがそう言うのであれば
「OK!分かった。んじゃ初デートはここでピクニックをしよう!」

俺とまりあの初デートは、自宅から僅か5分の川辺に決まった。
なんとなく俺とまりあらしいと思った。

そして2人で手を繋いで帰った。

924: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:38:57.18 ID:gkS.tT.o
デートの約束をした日から、俺は仕事が忙しくなった。
お盆にのんびりした分の反動が少なからず返ってくる。

結局、まりあとの初デートが実現したのは
それから3週間後の土曜日だった。

既にカレンダーは9月に突入していた。

その日の朝、俺はまりあの部屋を訪れた。

「まだお弁当できてないんだ。少しリビングで待ってて!」
そういって俺をリビングに招き入れる。

俺はボーっとキッチンで、おにぎりを握るまりあを見ていた。

・・・・。

・・・・・・・・。

チクショーーーー!!俺の彼女可愛いーーーーーーーーーーっっ!!!!

叫んでやろうかと思った。この時は本気で。

まりあは手の平でコロコロと器用にご飯を回転させ
三角形のおにぎりを完成させていく。

925: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:40:54.74 ID:SoMcN6o0
情景が浮かんで思わずニヤリとしてしまう俺キモスwwwwwwwwwwww

926: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:40:55.51 ID:gkS.tT.o
「手。熱くないの?」
俺は小学生みたいな質問をした。

「熱いよぉー。でも少しお水をつけてね。素早く握るの。そうすれば大丈夫!
あんまりお水を付けすぎると、おいしくなくなるんだぁ。」

俺はへーっと関心した。

男の一人っ子で育った俺は、まりあに色々教えてもらった。

ある時2人で歩いていると、ふと秋の香りがした。
「なんか秋の香りがするね」と言うと。

「うん。これはキンモクセイの香りだね」と教えてくれた。
その度に「女の子ってすごいなぁ」と関心したものだ。

まりあが「今から巨大おにぎりに挑戦します」と言った。
どうも俺用らしい。
まりあはご飯をペタペタと重ねソフトボール位の球体を作った。

俺そんなに食えないよ・・・。

それに具を数種類詰め込み、にぎりに入る。
さすがに三角にするのは無理な様子だ。
最後はその球体の全面に海苔を貼り付け

「完成~~~!!」と笑っていた。
とても嬉しそうだった。

928: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:43:41.19 ID:gkS.tT.o
おにぎりをバスケットに詰め込み
俺とまりあは手を繋いで、近所の川辺に歩いて行った。

到着すると2~3人の小学生の男子が、網で川魚を追いかけていた。
和む風景である。

2人でそれをしばらく眺めていた。
まりあは近くの小さな花を摘んで、器用に指輪を作っている。
たいしたものだと思う。

俺とまりあはバスケットからおにぎりを取り出して食べた。
すごく美味しかった。
こういう場所で食べるというのもあるかもしれないが
ここは素直にまりあの腕を褒めておこう。

俺用の巨大おにぎりも完食した。
せっかくまりあが作ってくれたのだ。
残すわけにはいかない。

お弁当の後も、俺とまりあは子供たちを見ていた。
キャッキャッと騒ぎながら、網で魚を追いかけている様子は
とても楽しそうである。

まりあも「楽しそうだね」と笑顔だ。

929: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:47:27.47 ID:gkS.tT.o
待てよ・・・。そういえば・・・。

以前、俺は油田がセミ採りに行く姿を見かけたことがある。
この時、大学生にもなってセミ採りなんてバカだと思った。

「まりあ。ちょっと待っててね。」
そういうと俺はマンションに走って行った。

301号のインターホンを連打する。
やっと油田が応答した。

「なんですかぁ。もう・・・」と言いながら寝癖だらけ
の油田が出てきた。

どうやら寝ていた様子である。

「ごめん。油田。お前ムシ網持っていたよね?悪いけど貸してくんない?」

「それならありますが・・・」
そう言って油田がムシ網を持ってきてくれた。

俺はそれを借りると、またまりあが待っている川辺に走っていった。

「お待たせ。油田に網借りてきたから、俺たちも魚を捕まえよう!」
まりあは喜んでこの提案に乗ってきた。

2人で網を川に入れて小魚を追う。
なかなか難しいではないか・・・。

930: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:50:53.46 ID:gkS.tT.o
俺は意地になって危険なエリアにまで侵入していった。
ライバルの小学生もここまでは来れまい。

これが大人の力だよ。
フヒヒ・・・。サーセンねぇwwwwww

俺は夢中になっていた。
まりあはそんな俺を見ながら
草花を摘んで、今度は王冠を作っていた。

「待っててくれ!まりあ。俺は君のために、絶対小魚を捕まえてみせるからね!!」
そう心の中で誓った瞬間!

ちょっっ!!!!!!!!!!!

それは一瞬だった!!

俺は藻の付いた岩に足を滑らせた。

このままだと川に転んでいくのが分かる。

全ての景色がスローモションになった。

川辺にいるまりあの「あっ!」という表情が少し悲しい。

俺はこの後予想される、悲惨な結末を想像していた。

931: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:52:02.25 ID:gkS.tT.o
ズブ濡れになった俺の顔を、まりあが丁寧にハンカチで拭いてくれた。
かなり情けなかった。

「ごめんね・・・まりあ」
俺はそう言った。
本当は君に小魚を採ってあげたかっただけなんだ・・・。

まりあは気にする様子もなく
「あはは」と笑いながら髪も拭いてくれた。

「呆れてないよね?」俺は心の中でそう聞いていた。

これが俺とまりあの初デートになった。

932: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:52:20.55 ID:T/bKCCso
実にアホっぽいですww

933: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 05:52:28.62 ID:gkS.tT.o
書き溜め分投下終了です。

おやすみなさいノシ

935: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:53:55.02 ID:StwWMr60
おつカレーノシ

936: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:55:12.93 ID:Rdhteuk0
乙カレー(・∀・)ノシ

937: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 05:56:37.43 ID:4J3rjcAO
二宮さん乙!!起きてて良かったwwww
油んち遊ぶもんは何でもあるんじゃないかwwwwしかし昔の>>1にいちいち萌えるぜwwwwww
今後も無理せず頑張ってなノシ 次回の投下待ってます!!

944: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 06:23:27.10 ID:gkS.tT.o
>>868
昨日渡辺たちが帰ったあと、まりあが家に来たこと。×

一昨日渡辺たちが帰ったあと、まりあが家に来たこと○

>>914
昔「マイホームみらの」といマンガ×
昔「マイホームみらの」というマンガ○

今軽く読み直してたら間違いを発見した。
職業病かな?

こんな性格が疲れていやですwwwwww
本気で寝ようwwwwww

946: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 06:28:48.62 ID:rk0liWYo
ニノさん!乙!

977: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 11:14:10.99 ID:NzvKyGEo
追いついた!!

寝取られが確定してるからこそ、初デートの初々しさが際立つ。
楽しみにしてるからもっと早く書けよクズ野郎wwwwwwwwww

979: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 11:19:35.55 ID:yKhe2Ko0
くそぉぉ昨日寝た直後に二宮来てたのかぁ><
パンツおろすタイミング逃しちまったじゃねーか







今日は何時ごろ帰ってくるのかコッソリ教えてくれませんか?

980: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 11:21:59.04 ID:gkS.tT.o
みんなおはようございます。
ちょっと量ですが
仕事まで投下していきますね。

981: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 11:22:17.99 ID:gkS.tT.o
>>979
今ですwwwwww

983: 本日、六月二十四日は全世界的に、UFOの日です 2008/06/24(火) 11:23:27.13 ID:yKhe2Ko0
ぶほwwwwwwww

984: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 11:24:01.97 ID:gkS.tT.o
2回目のデートは遊園地だった。
俺が平日に休みを取れた日に行った。

遊園地はガラガラだった。
それでも俺とまりあは楽しかった。

俺は不覚にもジェットコースターに酔ってしまい
トイレで吐いてしまった。

「光輝くん。大丈夫??」
そんな俺に、まりあはジュースを買って飲ませてくれた。

情けない・・・。

1回目といい2回目といい
デートでは必ずみっとも無い姿を見せてしまう俺・・・。

その日、俺たち2人が気に入ったアトラクションは
「-40℃の世界」だった。

ハッキリいって、ただひたすら
寒いだけのアトラクションである。
その中を歩くだけだ。

特に驚く演出はなにも用意されていない。

989: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/24(火) 11:31:54.81 ID:gkS.tT.o
中には味噌が置かれてあった。
その味噌が-40℃の世界ではカチカチに凍っていた。

なぜそこに置くものとして、味噌が選ばれたのか?
運営者側の意図は数年経った今も分からない。

2分程度歩くと外に出る。

俺とまりあは大爆笑した。

「本当に寒いだけだったな」
「うん。お味噌置いてあったね~。」

それでまた大爆笑。
結局このアトラクションには4回も入った。

俺とまりあは占いの館にも入った。
2人の相性の占ってもらった。

占い師によると、俺たちの相性は決して悪くない。
結婚するならば、早期がいいと言う。
しかし貯金はしっかりとするようにアドバイスされた。

この占い師の予言が当りか?それとも外れか?
それは意外にも早く分かるのだが・・・。

この日、俺たちは初めてキスをした。
遊園地から帰った後、場所は俺の部屋だった。




このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年05月31日 11:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事