関連:憧れの1人暮らしで隣人に恋した

53: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 22:25:27.20 ID:Ggb/UlaK0
ただいま。続きいきます

72: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 22:31:30.09 ID:Ggb/UlaK0
「僕は6時が一応の定時ですが」 
「ふーん。」 
川田さんが席を立つ。 

川田さんは南さんに近づいてこう言った 
「南さん。いまから二宮と撮影のスタジオ確認してきます」 

南さんは適当に「はいよ!」と答える。 

「行くぞ二宮」 
スタスタと会社を出る川田さん。 
俺は慌てて後を追った。 

そうか!演出家はスタジオの確認をするのだな。 
そうだよな。 
そこにある照明機材や 
スタジオの広さを確認することで 
可能な演出を考えるんだな。 

勉強になったぜ! 

しかし30分後。 
俺達はなぜか焼き鳥やにいた。



74: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 22:32:24.21 ID:nEpBqEVS0
ワロタww

79: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 22:33:33.85 ID:QPLQbwuaO
>>72
ちょwwwwwwかwwwwwわwwwwwwwだwwwwwww

98: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 22:39:54.94 ID:Ggb/UlaK0
生ビールが前に置かれる。

「まぁ飲めよ。かんぱーい」
川田さんがグラスを傾けてくる。

俺は驚きながらも川田さんに聞いた。
「ちょ。川田さん。スタジオは見なくていいんですか?」

川田さんはビールをグイグイ飲むと
泡まみれの口で
「なんで見るの?見てもなんも変わらないじゃん」と答えた。

既に2杯目のお代わりを店員に注文している。
「いや。でも香盤表も出来てないし・・・。」

「あのよ。二宮」
2杯目のビールに口をつけた川田さんが言った。
「お前なんのために香盤書くの?」

「それは当然撮影を円滑にするため・・・というか。」

それを聞いた川田さんは「あははは」と大きな声で笑う。
「お前みたいなペーペーの書いた香盤で撮影が円滑に進まねーよ」

俺は少しムッとした。
俺だって志村の嫌味に耐え
なんとか様になる香盤表を書いたのだ。

99: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 22:43:52.13 ID:vDtlh6Y0O
結局仕事って上に立つ人間に左右され成長も伸び悩みもするんだよな

101: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 22:46:12.57 ID:CQ4ocwhQO
>>99 逃げなきゃな…

105: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 22:48:27.50 ID:Ggb/UlaK0
「まぁ気を悪くするな」
川田さんは言う。
そして「ビール飲めよ。ぬるくなるぜ」

俺はグイグイとビールを飲んだ。
うまい。酒好きの俺だ。
ビールは確かにうまい。

しかし・・・だ。

志村みたいなタイプも困るが
川田さんみたいなタイプも困ったものだ。

この人に付いて行ったら
俺の将来はどうなるのだ?

「あのな。二宮よ」
川田さんは少し真剣な口調になった。

「お前がどんなに素晴らしい香盤を書いても
俺は自分が納得しなきゃ終わらない」

106: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 22:48:43.21 ID:Ggb/UlaK0
俺は川田さんの横顔を見た。

「そのためにお前の会社がスタジオ代を多く支払っても
俺の知ったことじゃない」

そ・・・そうなのか?

「ただ。逆の言い方をすれば・・・」

「香盤をオーバーして撮影が長引けば
それは俺の責任だ。お前の責任じゃない」

109: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 22:50:06.73 ID:maN4kKIlO
かっけ―

111: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 22:52:38.21 ID:vDtlh6Y0O
川田さんのような奔放というか自主性というのは
基礎の上に成り立つものじゃないか?
新人はとりあえず何でも取り組むべきだと思うが

114: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 22:55:50.71 ID:Ggb/UlaK0
この瞬間俺の気持ちは決まった。

この人に付いて行こうと。
それで俺が一人前のディレクターに成れなかった場合は
俺の責任だ。

才能が無かったのかもしれない。
だたそれだけだ。

そんなことはどうでもいい。

入社して今まで出会った人物で
「俺の責任だ」と言ってくれた人はいたか?

赤松、志村、会社の役員連中。
口には出さないが、俺に全ての責任を負わせた。

しかし。この人は・・・川田さんは。
フリーの身でありながら全く関係のない人間である
俺の責任まで負ってくれるというのだ。

「それによ・・・」川田さんは言った。
「パブみたいなクソみたいな仕事、お前サッサとディレクターになって
俺から奪っていけよ」

泣きそうになった。
この人物が俺に初めて「ディレクターになれ」と言った人だ。

116: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 22:57:40.86 ID:Ggb/UlaK0
「ところで二宮ちゃん」

ん?二宮・・・ちゃん?

「この後キャバ行かね?」

これが俺の会社復帰第1日目であった。

119: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 22:59:09.21 ID:QPLQbwuaO
川田になら掘られてもまりあをとられてもいい

120: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 22:59:17.11 ID:NZCIZyqV0
キャバwwwwwwwwwwwww

123: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:00:59.23 ID:KjvdFV530
>>114

>口には出さないが、俺に全ての責任を負わせた
ここだけなんか違和感が
少なくとも上司の赤松は責任取らされてるし
その他尻拭いは>>1以外がやったと思うんだが

127: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:03:46.56 ID:Bqsh1aSw0
>>123
赤松は減俸いわれた時になんて言ったよ
責任取ったんじゃなくてしぶしぶ取らされただけじゃん
新人に対してそこまでの経緯も放置過ぎだしさ

131: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 23:08:01.77 ID:Ggb/UlaK0
>>123
確かにそうだけど

赤松が減給され代理店には迷惑を掛け
会社には損害を与えた

しかし新入社員の俺をフォローしてくれる
人間はいなかった。

とか心情を細かく書きすぎると
進行遅くなるからさ。

今後もその辺は察してくださいな

135: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:09:55.34 ID:KjvdFV530
>>131
すまん なんかちょっときになったからさ
今後はのんびりみてることにします

148: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 23:17:30.43 ID:Ggb/UlaK0
第9章 304号室

俺は川田さんの専属AD状態になった。
身を粉にして働いた。

余計な事は考えるな!
俺は川田さんのしたい演出の
手助けをするのが仕事だ。

社内の視線など気にするな!
いまの俺には働くことしか出来ないのだ。

そんな感じで1ヶ月が過ぎた。
川田さんもまぁまぁ俺を信用してくれている様子だ。

川田さんの仕事は良く言えば大らか。
悪く言えば適当だった。

この時期になると携帯に電話が入ってきて
「ごめ~ん。二宮。俺酔っぱだから原稿書いてて」等と
とても南さんには報告出来ないような仕事を頼んでくる。

マジっすか!?とよく心の中で呟いたものだ。



156: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:24:16.60 ID:8QGC6KsZ0
>>148
>身を粉にして働いた。

これが読めてちょっとうれしいゆとりは俺だけで良い

157: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 23:24:26.69 ID:Ggb/UlaK0
俺は自分なりに原稿を書いた。
隣のデスクの南さんの目を盗んで。

それをパソコンで南さんに送信する。
返事が来る。

「お前文章下手ね(笑)やっぱ俺が書くから待ってろ」

随時がそんな調子だった。
川田さんは俺によく言った。

「本は読めよ。二宮。文章をパクれるまでに読み込めよ」
それから俺は本を買い漁った。
台本の練習もした。

川田さんがちゃんと台本を書いている時でも
自分なりの台本を書いて川田さんに見てもらった。

川田さんも添削をして返してくれた。
通常業務に加え、ディレクターになるための修行。

俺の帰宅は早くて24時になった。
泊り込みもしばしばだ。

そんな生活が続けば
当然まりあや油田とは疎遠になる。

161: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:27:20.42 ID:590aWQ/Q0
ここにいる住民は仕事より可愛いおにゃのこを100%選ぶのに・・
二宮・・あんた漢だ

174: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 23:33:48.20 ID:Ggb/UlaK0
業界用語に「消え物」という言葉がある。

これは撮影で使った商品をスポンサーに返さず
スタッフが持って帰ってもよい物を指す。

食品が圧倒的に多い。
家庭用品やレアポスターも案外ある。

例えばキムタクのFMVのポスターがあったとしよう。
こんな物も消え物だ。

通常は家電量販店などしか手に入れることは出来ない。
商業用のPOPなどにしてもそうだ。

よくネットオークションでレアポスターが出品されているが
俺は業界人が消え物を流していると考えている。

ある日インスタントカレーの消え物が出た。
「川田さん。カレー持って帰りますか?」

川田さんは
「いらね。俺ボンカレーしか食わね。貧乏人のお前にやる」と言ってくれた。

カレーといえば。
やっぱりまりあだ。

177: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:35:18.07 ID:590aWQ/Q0
やっとまりあの話題キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

205: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 23:41:35.65 ID:Ggb/UlaK0
俺は消え物のカレーをどっさりと袋に詰め込んで帰宅した。

20時。
バイトが無ければまりあが家にいてもおかしくない時間だ。
とりあえず301号のインターホンを押した。

油田もインタントカレーの類は好きそうだ。
2~3個あげよう。

しかし油田は留守の様子だ。
仕方ないよね。
全部まりあにあげよう。

俺は302号のインターホンを押した。
しばらく応答がない。

「留守かな?」諦めかけた時だった。
「はい?」まりあの声が聞こえた。

「俺です。光輝です。カレーのおすそ分けなんですが・・・」

「あ・・・。光輝くん。ちょっと待ってね」
そういえば2週間ほどまりあに会っていなかった。

まりあの顔が見られる。俺は少しドキドキしながら
ドアが開くのを待った。

240: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:46:29.34 ID:590aWQ/Q0
さすがいっぱい本読んだことだけはあるな

263: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 23:52:02.14 ID:Ggb/UlaK0
ガチャっとドアが開く・・・。

「これ撮影の余り物なんだけど、もし良かったらまり・・・」

!!!!!?????

「やぁやぁ。どうもどうも」

目の前には油田が立っていた。
「お久です。二宮さん」

「・・・・・・・・・(アングリ)」

後ろからまりあが登場した。
「光輝くん久しぶり~。元気だった?」

「・・・・・・・・・・・」
「上がって上がって」

「今カレー作ったところなんだ♪」

カレー・・・ですか?

267: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:52:34.38 ID:o5kP4Dyn0
やはり油田w

271: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:53:13.76 ID:3l+4MYOC0
んー…まぁいいけどねー…お好きに

273: 愛のVIP戦士@全板人気トナメ開催中 2008/06/18(水) 23:53:30.31 ID:2KCnAQe+0
油田うぜぇwww

299: 二宮 ◆htHkuunP2I 2008/06/18(水) 23:58:31.76 ID:Ggb/UlaK0
気づくと俺はまりあの部屋のリビングにいた。
となりにはオタクがいた・・・。

なにがどうなっているんだ??

「まぁ。おひとつどうぞ」
呆然とする俺にビールを注いでくるデブ。

なぁ?デブよ・・・。お前が恋の勝者なのか?

まりあがカレーを2つ持ってリビングにやってきた。
「召し上がれ!」

召し上がれと言う言葉を初めて生で聞いた。
まりあは確かに可愛い。
そして目の前のカレーも美味そうだ。実に・・・。

「実にうまいですよ。まりあちゃんのカレーは」

うるせーデブ。お前は俺の持って帰ってきた
消え物のカレーでも食ってろや!





このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年05月31日 08:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事