スポンサーリンク


272: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)00:45:49 ID:zzu
彼氏と車で旅行へ行くことになり、夜10:00に彼氏宅へ迎えに行くことになった。
その日は金曜日で彼氏も私も仕事。
私は昼働いた後、夜は居酒屋でバイトしている為に、彼氏以外の人と御飯を食べに行ったり出掛けたりする時間を滅多に取れなかった。

その日は夜彼氏宅で待ち合わせしていた為、必然的にバイトは休み。
いつもはバイトのシフトに間に合わせる為すぐ帰るんだけど、慌てる必要は無いのでコーヒー飲みながら一服していた。
そしたら先輩(女)に声を掛けられ、たまにはご飯に付き合えと言われ、断る理由もないので了承し、彼氏に「先輩に誘われたので御飯にいってくるね、10:00には迎えに行くので準備して待っててね」とメールをした。


 







御飯を食べて9:00には帰宅、準備をしてから彼氏の家に向かうと彼氏の車が無かった。
電話をするとキレ口調の彼氏から出た言葉が


「今実家(隣県)に帰ってる」


だった。
なんでも、私が先輩とご飯を食べに行ったことが許せず実家に帰ったらしい。
待ってるからすぐ帰っておいでと言っても「もう間に合わない、帰ったら朝になっちゃう」と言うので、間に合わなかったら日帰りでも良いから行こう…と言うよりなんで帰ったか分からない、話ちゃんとしたいから帰ってきてくれないかな?って頼んだらようやくUターンした。

結局朝帰って来て、彼氏の部屋で話をしたんだけど、旅行の前に用事を入れた=旅行行く気が無いと解釈したらしく頭にきて実家へ…という感じらしい。

しかも帰って来てからもずっと「私子のせいで旅行へ行けなかった」と言うんだけど、私のせいじゃなく実家へ帰ったお前のせいだろ!と一気に冷めて「もういいよ」と言って自分のアパートへ帰った。

会社で嫌な事がある度、私と喧嘩する度、友達と上手くいかなくて凹む度に実家に帰り、酷い時は月の1/3は隣県にいた。
勿論仕事は休む。
帰っている間は愚痴をご両親に垂れ流しているらしく、ご両親から電話で迎えに来てやってと言われる。
私も彼氏の事が好きだったので、迎えに行って「仕事辛いかもしれないけど頑張ろう!」と説得して連れて帰ってきた。

でももう限界だった。
私がアパート帰った後わざわざ家まで土下座しにきたけど、無視した。
1時間土下座してたけど諦めて帰って行った。

あれから何度もご両親と彼妹から電話が来ているけどもう知らない。
どうせまた実家に帰ってるんだろう。

まだ独身だけど、きっと地球のどこかに彼氏そっくりな嫁とかいるんだろうなって思う。
その旦那さんは凄いなって尊敬する。

273: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)01:48:01 ID:MkS
>>272
この彼氏は糖質でOK?


274: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)02:00:24 ID:lMb
>>273
どうだろうw
でも「実家に帰らせて頂きます!」以外は普通だったから違うと思う。

276: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)02:59:29 ID:owD
>>272
確かに旅行出発前に用事入れられたのはカチンとはくる。
そこは彼に同意するけど…取り成しを家族総出にさせるってドン引き。
親に言えばなんとかなるって、幼児や小学生のする事。
説得しようと電話かけてくる親も親だ。 別れて正解だな。

277: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)07:41:52 ID:lMb
>>276
旅行前に用事を入れては行けなかったんですね。
待ち合わせ前なので良いかなと思ってました。

その辺りは私が冷められた話になりそうですねw

やっぱり私の中で1番の冷めポイントはすぐに実家に帰るって事だったので、私の中でも何故旅行へ行くというのに拗ねて実家に帰ってしまったんだろうと、話し合いぐらい面と向かって出来ないのか…と言うところなので、多分もうやり直しは無理だろうろと思います。

278: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)08:04:44 ID:WTA
約束の時間に遅れそうとかでもないならわざわざ食事の件を知らせる必要は無かったのでは…

279: 名無しさん@おーぷん 2016/03/03(木)09:40:37 ID:Kym
>>278
そうですね。
お互い行動等逐一報告する習慣が出来てたので当たり前のようにメールしてしまいました。(これから仕事だよー、とか今家帰ったよーとか)

引用元: ・百年の恋も冷めた瞬間 Open 4年目









このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年03月07日 07:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事