スポンサーリンク
1


※記者会見を聞きながら管理人が文字に起こしました。誤字脱字などがありましたらコメントにてご指摘をお願いします。
また質疑応答の内容を随時追記していきます。

この度、マスコミで報じられている件につきまして私の不適切な行為により多くの皆様に多大なるご迷惑をお掛けしましたことを心からお詫び申し上げます。
そして、私を信じて応援してくださった皆様方、すべての皆様方にお詫びを申し上げたいと思います。

支えてくださった皆様方に心からお詫び申し上げます。
そして、何より妻とその家族の皆様。妻を支援してくださっているすべての皆様本当に本当に申し訳ございませんでした。

最後に、男性の育児休業について賛否にかかわらず、真剣に考えてくださった方々に
深く深くお詫びを申し上げます。





今回の経緯につきました私からご説明いたします。
1月4日の着物の着付けをした人が報道された人であります。
その時が初めてその方とお会いをしたタイミングでございます。
そのごSNSでメッセージ、丁寧なメッセージを頂きました。
そこから連絡のやり取りが始まりました。
電話やメール等のやり取りを中心にコミュニケーションをとり
お会いしたのは三回だと記憶しております。

京都でお会いしたのが最後です。

今現在は、連絡をとっておりません。
妻には、一部始終を説明しました。その上で謝罪をしました。
産後直後にもかかわらず妻に対してはたいへん酷なことをしたと大変深く深く反省しております。

実は大変な出産でございました。思うように回復しておりません。

ー中略ー

本日まで、お話できなかった理由は私の状況の整理と気持ちの整理と頭が混乱をしていた
そのために遅れましたことをお詫びを申し上げます。


本日はしっかりとお話したいと思います。

育児休業について私は、男性の育児参加というものが今の日本の社会において今の日本の女性活躍と少子化対策、両方を実現するためには、男性の育児参加が絶対に必要だと思っています。

その、導入として効果的なのが男性の育児休業であると思います。

世の中がこの事について大きく議論をしてくださり
だんだんと変わってきたなかで私は大きな期待を抱いておりました。

軽率な行動によって水を指してしまったことに対し、表現できないような申し訳ない気持ちでいっぱいです

私の後に、日本の多くのリーダーがこの道を切り開いてくれることを期待しております。

最後に、私は高い志を持って政治の世界国政にチャレンジをし、親戚も四人いるというほとんど落下傘のような状況で政治活動を始めました。
 
その私の五年前のスタートのときから私という一個人を応援をしてくださった、京都3区のその他の有権者の皆様と支援者の多くの皆様の気持ちを思うと、この場を通して皆様方にお伝えすることはたいへん不本意であり、申し訳ない気持ちで一杯でございます。

成し遂げたい政策実現したい社会
日本に夢を与えたい、この思いを実現したい気持ちは今でも変わりません。

信なくば国会議員の端くれとして、自らが主張してきたことと、軽率に行動してしまったことの辻褄があわないこと、この事について深く、深く、深く反省をし、議員辞職をする決意を固めたところでございます。

一から出直していつの日かまた、私の理想と実現したい政治を追い求めることができる資格を与えていただけるように出なおしてまいりたいと思います

すべての皆様と妻と子に対し、深くお詫びを申し上げます。誠に申し訳ありませんでした。

質疑応答

Q:疑惑を問われた時に知らないって言った理由は?
A:動揺してしまってとっさに嘘をついてしまった。あの時失礼な態度をとってしまったことに対してお詫びを申し上げます。更にいいますとその時どうにかしてごまかせないだろうかと考えてしまいました。正直なところです。お互いが黙っていれば大丈夫だから、という風に考えました。恥ずべき行動だったと思ってます。

Q: 今回の女性以外に他の女性と不倫関係はあったのか
A:これまで私も35年間生きてきた中で本当に恥ずかしい限りですが、色んな方々を傷つけてきたことはあったと思います。本当にそういった皆様に対してもお詫びを申し上げたいと思います

Q:それは結婚してからも?
A:女性ということであれば、否定はできないことであります。大変申し訳ございません。

Q:奥さんとの結婚記念日について

A:覚えているが、二人の大切な思い出でございますのでプライベートな事だということでご理解いただけると幸いです。
 
 



ネットでの反応




※記者会見を聞きながら管理人が文字に起こしました。誤字脱字などがありましたらコメントにてご指摘をお願いします。また質疑応答の内容を随時追記していきます。








このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年02月12日 12:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事