751: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)11:23:49 ID:A7S
修羅場と言うには軽いかも知れんけどw

嫁と知り合う2年ぐらい前に同じ職場に付き合ってる彼女がいた。
その彼女の希望で社内の連中には付き合ってることは内緒にしていた。
(いじられるのが分かってるから嫌だとか言ってた)
内緒にしてた為に、Aというちょっと厄介な女に気持ち悪いぐらいアプローチされて困った。
頼んでもいないのに弁当作って来たり、職場のみんなに手作りお菓子を持ってきて
明らかに意味が含まれた他のと違うものをあからさまに俺に渡して来たり。
要は外堀を埋めてなんとか交際にもっていきたい感じで、それが露骨過ぎてドン引き。
そもそもAという女は俺の好みとは外見的に正反対だし、仕事上でも何かと言い訳の多いやつで
ぶっちゃけ頭も悪かった。(名古屋で生まれ育って三重の県庁所在地を知らないぐらいに)
付き合う気はサラサラ無いし、同僚じゃなければ存在を消したいぐらいだが
さすがにそのまま言うのは理性がストップ掛けていたので
適当な理由をつけて断り続けていたが、諦めてくれない。
いっそ付き合ってることをカミングアウトしたいと言っても彼女がNOと言って出来なかった。
ある日、資料を探しに書庫に行ったらAが入ってきて、又しつこくアプローチしてきて
その日は色々予定通りにいかないことが重なってイライラしてたのもあって
Aが鬱陶しくし仕方なくて、
「付き合ってもいいけど、俺は付き合うイコール結婚と考えるタイプだから。
俺と付き合うからには家事は一切妻にやってほしいけど専業主婦とか無理。
専業やるなら俺長男だから結婚したら親と同居で両親の介護が出来ない女も無理。
あ、祖母もいるから3人分の介護かな。
そういうのやってくれるんでしょ?なら付き合うよ」
って言ってやった。
本当は俺三男だし、祖母もいないし、一人暮らしだから家事も一通り出来る。
つまり全て断る為の方便だった。
案の定Aは「そ・・・それは大変ね・・・ごめん、私には無理かも・・・」と言って去って行き
以来スルーされるようになったので、もっと早くこの手を使えば良かったと思ってた。
そしたら翌日彼女に振られた。

752: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)11:24:07 ID:A7S
Aが女子同士の会話の中で「あんな男と結婚したら地獄」と言いふらしたらしい。
それをまるっと信じてしまった。
いや違う、あれは断る為の方便で・・・といくら言ってもダメで
実際俺、三男だし、うちの親は趣味に走り回って子供の世話になるなんて勘弁って人だし
老後のことはちゃんと考えて蓄えているようだしっていくら言ってもダメで
安易に嘘を並べてAを遠ざけたことがこんなことになるなんてと心の修羅場だった。
しかし、徐々にこれだけ言っても俺のことは信じず、Aみたいな女の言うことをスルッと信じるのかと思ったら
そもそもおまえが交際を内緒にしたがったのが原因じゃねーかとムカついて説得はやめた。

その後、しばらく女に対して不信感で一杯だったが、今の嫁と知り合い結婚。
結婚して5年ぐらい経った頃だったか、社内キャンプに嫁と息子を連れて参加したことがある。
Aは既に退職していたが、元カノはお局となって残っていて
ふと気が付くと嫁となんか話してたのでヒヤヒヤしたが、何を話していたのか聞いてみたら
親と同居しないの?とか仕事してるの?とか旦那さん家事やってくれてる?とか
色々根掘り葉掘り聞かれたらしい。
だからあれは方便だって言ったのに、いまだに言ってんのかとウンザリした。
嫁は今、育児中心だから専業やってる。家事も育児も俺に出来ることはやる。
別に信念とかあるわけじゃないが、ごく自然にそうなっただけ。
今にすれば、AはGJだったのかなぁと思えてきた。

753: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)11:42:59 ID:f4D
いい感じに夫婦やってるみたいだし結果オーライだね
Aは…GJまですることは無いと思うけどw

754: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)11:44:36 ID:A7S
>>753
そうかw
いや、Aには今でもムカついてるけど
結局元カノに振られたおかげで嫁と結婚できたようなもんだしw

756: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)11:55:34 ID:Pux
>>754
まあ、結果的にはAがいい仕事したのは否定できないなwww

天然バカ怖いww

758: 名無しさん@おーぷん 2015/10/07(水)13:24:18 ID:34u
>>754
「Aとも付き合ってて、そっちでは結婚の話も出てるんだ」
って勘違いしたのかもしれないね

引用元: ・今までにあった修羅場を語れ【その13】


このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2016年01月24日 09:00 ID:kidanmatome

おすすめ記事