20150422-04775038-mynaviw-000-1-view

パートの気団さんより
コメント欄に投稿いただきました。
ありがとうございます。

時代フェイク&文下手です 10年程前のこと私は、
大学生になり始めてのバイトをスーパーで始めました 
その、スーパーにはバイト長と呼ばれる『Aさん』という、
すごい方がおりとても優しい方でした 
なにが、すごいかというと最早正社員のような働きぶり



青果からレジまで何でもござれな勤務暦5年(高1~大学2年)間という人 ですが、
この時代まだ高校生でこのスーパーはバイトを雇っていなかったのですが、

『Aがあんまりにも頼むから、どうせすぐやめるだろうと思って
最初に鮮魚部に入れたんだけどもよ、いや~あいつはすごいよやりとおしたんだもん。』

鮮魚部は、とても大変でバイトにやらしたら辛さで
やめる部署No.1な所(私も一度やったが辛すぎた)
それから、Aさんはそこでバイトをし続けそのスーパーでは
お客さんからも従業員からも愛されてた Aさんがこの時期は、これが売れる!
というとほんとに売れて この位置に、商品を置くとお年寄りが取りづらいからここに!
と置き換えれば客が増えた

そのスーパーは、Aさんのおかげでちょい赤字から黒字になるまでなった
なので、Aさんの時給は普通の大学生より+500円だった
そんなAさんだったが、大学3年の冬に亡くなった 原因はひき逃げだった
その日は、雪が降りAさんの指示のもと閉店作業をして
『俺、ついにスポーツカーかったんだよ~』といつもの調子で話して、
事務所に行って『クリスマスプレゼント』という名の内定をAさんが貰った日だった
別れの挨拶をして、私に『雪道気をつけろよ~』て、言ったのに 次の日、亡くなったと聞かされた

後日に、『葬式に参加したい人は、店長まで』と書いてあったので
ほぼすべての従業員が行ったのを覚えている
みんな、泣いていた 友達も大勢いたらしく

『バカヤロー!一緒に峠攻める約束はどうすんだよぉ!』とか
『なんで、お前が逝くのや!前科もちの俺がいくべきやろぉ』 『
Aさん~あなたのおかげで立ち直れたのに~』
と泣いてた 驚いたのは外人さんもいっぱいいたことだ
勇気をもって話したら、ただひたすらに『Aさんに救われた』としか返ってこなかった
中には、ミドルネームにAさんの名前を入れた人も居た

その後、遺族の方からAさんのロッカーを整理したいと言われたらしく
店長と遺族は店へ 帰ってきた店長はまた泣いてた
理由が、『6冊の大学ノート』だった

それらは、種類別に『青果部』『鮮魚部』『菓子、飲料部』『レジ』『お惣菜』『天気』と書いてあり
隙間無く書いてあった 遺族の方がこれはあなたがたにと、渡されたようだ

あれから、月日がたち私も結婚しパートを始めようと例のスーパーでレジの担当になった
店長は変わってしまったが、知っている人がちらほら
そして、驚いた レジのマニュアル本として『レジ』と書かれた大学ノートが渡された
渡した人が、
『これすっごいですよね~誰が作ったんだろ?
どんな、クレームでも対応できるしレジに関することが盛りだくさんですから!』
私は、こっそり泣いてしまった
さらに、当時バイト仲間現青果部部長が残りの大学ノートをみしてくれた
『ほんとに、惜しい人をなくしたなぁ~』 と声をそろえ
『犯人、絶対にゆるさない!』 てはなした
その、スーパーの功績者蘭にこっそり『Aさん』が載ってるのを見かけたので書き込みました
いまだに、犯人は捕まらず
お客さんの中には、孫をAさんに紹介しようとした人もいたとか


 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」または「フォロー」
よろしくお願いします!
1001: 以下、おすすめ記事をお送りします: 2015年06月25日 13:19 ID:kidanmatome

おすすめ記事